So-net無料ブログ作成

比べるのもなんですが、映画「ラブリーボーン」と「それでも、生きてゆく」。 [吉高由里子]

愛 勇気 行動

まあ世界的超一流監督の映画と比較するのもなんだけれど、ピーター・ジャクソン監督の「ラブリーボーン」も「娘を殺された家族」の話だ。
「ラブリーボーン」は殺された娘の魂(霊)が天国でも地獄でもない中間地点と現世の間を彷徨いながら自分の家族、そして憎むべき犯人を見つめ続けるという設定となっている。
「天国でも地獄でもない中間地点」のヴィジュアルが、ファンタジックに過ぎるけれど圧倒的で、ストーリーの運びも上手く、2時間以上がアッという間に過ぎていく。

とまあ、「それでも、生きてゆく」との共通点は「娘を殺された家族」を扱っているという点のみだけれど、その点だけでもえらく違うのだ。

つづく

nice!(29)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 29

コメント 2

pandan

ラブリーボーン見てみたい映画です。
今度借りて観よう〜
by pandan (2011-07-31 06:23) 

ねこじたん

中間地点と現世の間
微妙な地点を描くのは難しいんでしょうね
by ねこじたん (2011-07-31 08:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0