So-net無料ブログ作成

「言葉」による革命の基本 2 [「言葉」による革命]

「言葉」を意識的に遣う。
「言葉」の持つ深く広大なポテンシャルを感じ、理解する。
「言葉」の持つ深く広大なポテンシャルを発揮させる。

nice!(47)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「言葉」による革命の基本 1 [「言葉」による革命]

「言葉」で「あなた」を変える。
「言葉」で「社会」を変える。
「言葉」で「社会的雰囲気」を変える。


nice!(43)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

愛をどこまでも掘り下げ、どこまでも高い場所へと導く。その言葉 2011年8月28日 [愛の景色]

薄曇りの空の下。
歩いて来る君の姿だけが、驚くように綺麗な灯りに見えた。
ぼくは本当に驚いたんだ。
君の姿だけが薄曇りの空の下であまりに綺麗な灯りに見えたものだから。

タグ:アート 言葉
nice!(48)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

満島ひかり、高良健吾、安藤サクラが揃った「ひまわり」の河原さんは金子ノブアキ。「それでも、生きてゆく」第8話視聴率。 [生と死のためのアート]

そう、あれは金子ノブアキです。髭面の河原さん。「もう忘れたのか?!」と叫んだ人。「水に流す」ことでムラ社会の秩序を維持してきた日本人だけど、もういい加減「忘れる」のは止めた方がいいな。民主党代表選の懲りもしない醜悪さもムラ社会的メンタリティの所産では。またまた小沢・鳩山なんてのが実質的に政治を動かすのか?
「それでも、生きてゆく」第8話視聴率は8・8%。相変わらずシナリオは出鱈目だけど、この内容で俳優たちの演技を見せようというアンバランスさはドラマ史上ォ特筆ものかも。
第8話でも大竹しのぶ、時任三郎、瑛太の大芝居が用意されていたけれど、それらについては後日触れよう。

nice!(28)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

♦♦♦ 宣言! 「言葉」による革命 ♦♦♦ [「言葉」による革命]

♦ 「言葉」による革命 ♦

敢えて「革命」という言葉を遣ってみます。

「革命」という言葉に「大袈裟」とか「古い」とかいう印象を持つ人もいるかと思いますが、やはりその言葉の意味やインパクトは絶大です。

どんな「革命」か?

それは当ブログ、メルマガ、その他の方法により、順次語って行きます。

一つだけここで書いておきたいのは、
「言葉」による革命は、「誰もが参加できる革命」です。

あなたもこの「革命」に参加を!

nice!(36)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「怖い映画」と、「ジェニファーズ・ボディ」&「エクソシスト」 [生と死のためのアート]

アマンダ・セイフライドとミーガン・フォックスの話題を書いたのは、二人が出演していた「ジェニファーズ・ボディ」を観たからだった。それで「怖い映画」に関して書こうと思っていたんだけれど、あのときは話が逸れたねえ。「ジェニファーズ・ボディ」はコメディホラーと呼ぶべき内容で、ベルに怖くはないけれど、楽しめた。アマンダ・セイフライドとミーガン・フォックスという二人の一千九若手女優を観る楽しさも十分。でも本当に「怖い映画」は最近あまりないなあ。映画史を振り返ると、やはり「エクソシスト」が挙がる。恐怖が奥深いんです。エクソシスト(悪魔祓い)として登場するカラス神父の、母親に対する罪悪感が映画全体の恐怖を奥深いものとしている。人間が描けているから、ショックシーンもより効果的なわけです。古代の悪魔バズースが憑くという設定もいい。そして憑かれたリーガンがいるのが普通の家の一室であるというのが不気味さを盛り上げており、「首が回る」「体が浮く」などというシーンの恐怖が最大限の効果を上げています。

nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート