SSブログ

[ダイヤ]「言葉」による革命・「美」による革命[ダイヤ]  「末尾ルコ 革命広場」/「末尾ルコ 会話芸術」高知(土佐)薊野より全国、世界へ ●NHKスペシャル『あなたの家が危ない』ご覧になりましたか?~「人生におけるリスク」について。2017年10月27日 [「言葉」による革命]

●NHKスペシャル『あなたの家が危ない』ご覧になりましたか?
耐震性の問題、悩ましいですね。
わたしの自宅は比較的しっかりと作っているのですが、『あなたの家が危ない』なんて見ていると、不安点はいくつか出てくる。
かと言って、「すぐに耐震性アップだ!」と取り掛かれるほど裕福な人はそうそういないでしょう。

「人生の中のリスク」。

これは常に頭に置いておかねばならない。
どんな人の人生にも何が起こるか分かりません。
もちろん地震ばかり気にしているわけにはいかない。
「リスク」に囚われすぎていたら、何もできない。

〈「言葉」による革命〉は、「人生におけるリスク」についても深く考えていきます。

・・・・・・・・・

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、▲「新たなる教育機関」です。

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、より多くの方が「新たなる日本人」として人生を思う存分生き抜いていただくための、「末尾ルコだけに可能」な

▲「新たなる教育機関」です。

毎日当ブログを訪問し、お読みくださるだけで、「新たなる日本人」としての資質が身に付いていきます。

▲感覚・感性・知性・理性を中心に、そして非認知能力(スキル)」をも鍛錬します。

有料メルマガを購読いただければ、さらに深く、より強力に「新たなる日本人」として、あなたは日々成長していくことができます。

注1 「読む」という行為にも様々な方法があり、どんな方法を使うかによって「成長」の度合いも違います。「方法」に関しては、当ブログ、そして有料メルマガで適宜お伝えしていきます。

注2 末尾ルコによる「新たなる教育機関」に年齢性別学歴職種などの制限はありません。「誰も」が「今すぐ」に「新たなる日本人」としての第一歩を歩み始めることができます。 

注3 当然ながら、「効果」には個人差があります。しかしより正確にお読みいただければ、間違いなくほとんどの方に「効果」が出てきます。

●〈「言葉」による革命〉・・・その基本的かつ画期的方法論。

〈「言葉」による革命〉の基本的方法論の優位性を記しておきます。

まず、
1どこにいても、その場所でいながらにして参加できる。
2どんなに忙しくても参加できる。
3老若男女、どなたでも参加できる。
4「趣味」「生きがい」として始めても、それが強固な社会貢献に結び付く。



タグ:アート
nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「映画と世界情勢であなたの人生をより強く美しくする」講座~パレスチナ問題と不評の映画「ミラル」。2016年10月27日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「映画と世界情勢であなたの人生をより強く美しくする」講座~パレスチナ問題と不評の映画「ミラル」。

パレスチナ問題。
あるいはイスラエル・パレスチナ問題は、多くの日本人にとって常に縁遠いニュースであり続けているわけですが、それでもPLO(パレスチナ解放機構)のアラファト議長が活躍していた時期は、その分かりやすい風貌と共にニュースで取り上げられる頻度も高く、(ああ、またアラファト議長が出ている)ということで少しは身近に感じていた人もいたでしょう。
アラファト議長の方法や実績については議論が分かれるところですが、あのような「万人に分かりやすいシンボル」の存在は「世界で起こっている事実」を遠くの人たちにまで届けるためにはとても重要なんです。
現在で言えばパキスタンのマララ・ユサフザイ。
マララさんがノーベル平和賞を獲得したことについて批判する向きも少なくないですが、「パキスタン的な国々」で少女たちがどのような状況に置かれているかを「マララ」というシンボルによって世界の多くの人たちに届けているという意味ではどんな政治家や学者にもできないことをやっていると言えます。

などということをジュリアン・シュナーベル監督映画監督の「ミラル」を観ながら考えていたわけですが、この作品、フランスなどでは実に厳しい批評をされています。
でもなかなか観応えある映画なんですよ。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・「あさが来た」波瑠とはさほど関係ないが、「NHK的思考停止」はもう止めよう!2016年10月27日 [「言葉」による革命]

「あさが来た」波瑠とはさほど関係ないが、「NHK的思考停止」はもう止めよう!

※2016年1月30日配信 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・「あさが来た」波瑠とはさほど関係ないが、「NHK的思考停止」はもう止めよう!

「あさが来た」の波瑠はなかなかいいです。
「あさが来た」というドラマ自体もぽかあんと観ている分には悪くない。
NHK「朝ドラマ」というものはそうした楽しみ方をすればよく、それ以上でも以下でもありません。
もちろん個々の視聴者が「大河」「朝ドラマ」を「それ以上」のものとして楽しむのも、「それ以下」のものとして無視するのも自由です。
けれど社会の大勢が「それ以上」としていたり「それ以下」としていたりという場合には、より正確な評価に正していくべきです。

(続きは有料メルマガでお願いします)

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2016年10月27日 [愛の景色]

(君のすべてへの愛)

目の前に君がいない時間も
ぼくは君の存在を
リアルに感じている
とてもリアルに

nice!(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

末尾ルコ詩D「猫、鍛える」篇。末尾ルコ「プ女子とは何かなんぞさて置いて、ジャンボ鶴田も女性ファンがけっこういた時代」。 [吉高由里子]

★「末尾ルコ 革命広場」/〈「言葉」による革命・「美」による革命〉[ハート]

★ 「言葉」で「あなた」はもっと強くなれる。
★ 「あなた」が強くなることで、「日本」はもっと強くなる。
高知から日本の隅々まで、末尾ルコ〈「言葉」による革命〉で、あなた自身があなたの住んでいる場所で「革命戦士の一人」に!

[スペード]現在実験的にブログをつついています。
? その一環としてブログテーマや順位は表示しておりません。

●末尾ルコ詩D「猫、鍛える」篇。

高知市薊野にある


身体を鍛えている時、
わたしは他に
何を鍛えているか?
ステファヌ・マラルメが
完璧な言葉の運用を探究していた時
他に何を
鍛えていたか?

高知市薊野にある


・・・・・・

ぼくの素敵なネコは
その姿だけで
ぼくをいつも鍛えてくれているのさ!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

●末尾ルコ「プ女子とは何かなんぞさて置いて、ジャンボ鶴田も女性ファンがけっこういた時代」。

末尾ルコ「プロレスで知性と感性を鍛えるレッスン」

「プ女子」が「プロレス女子」であろうがなかろうが、わたしは新語・流行語を軽々に使用することには批判的だし、現在流通している意味での「男子・女子」という言い方は、わたしは絶対にしない。
もちろん「全米オープンテニス女子」と称する場合の「女子」は「現在流通している意味」ではないのである。

何やらお洒落でポップになった現在の新日本プロレスは当然女性客を多く集める方針なのであり、しかし昭和のプロレスが男だけのものだったかと言えば、決してそうではない。
あのジャンボ鶴田。
米国修行から帰ってきてすぐの若手時代、けっこう女性ファンがいたのである。
なにせ生ギターを持って歌い、ミニコンサートなんぞを開催していた。
プロレスまっしぐらのプロレスファンからは、「歌をうたう暇があったら、プロレスの練習をしろ!」と批判を浴びていたこともある。
そして藤波辰巳も海外遠征から帰国した若手時代、女性ファンがけっこういた。
藤波の帰国直後は衝撃的であって、まずその見事なまでの筋肉質の身体。
あんな身体の日本人プロレスラーはそれ以前にいなかった。
そしてドラゴン・スープレックス・ホールドとドラゴン・ロケット。
この二つの技は、現在では多くのレスラーによって使われているが、当時は「フルネルソンをしたままジャーマン・スープレックスのように投げて固める」ことなど漫画の技が現実に飛び出してきた感があったのだ。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●フィリピン 「暴言」と「ヘタレ」の同居ドゥテルテ大統領をどう評価するか? [「言葉」による革命]

●フィリピン 「暴言」と「ヘタレ」の同居ドゥテルテ大統領をどう評価するか?

末尾ルコ「国際情勢で知性と感性を鍛えるレッスン」

フィリピンのドゥテルテ大統領が来日するというのだけれど、こうした方法で注目を稼ぐ一国のリーダーが跋扈するのは正直困る。
アメリカ合衆国や合衆国大統領をディスるだけディスって、しかしちょっと「叱られる」と、「いや、あの発言の真意はこうで」と言い訳をして許しを請う。
まるで強い父親に対して甘えるワルガキのようだ。
この前も、中国で

「アメリカと決別する」と発言したが、米国に睨まれるとすぐに、

「関係を絶つということではない」

と釈明。

どこまで確信犯的にやっているのかはっきりしないが、どうしたって、(次元の低い国だな)というイメージは持たれてしまう。

(現在来日のドゥテルテ大統領だが、報道番組では、「親日的で、案外親しみの持てる人」的イメージもかなり強調されている。もちろんフィリピン国内にはドゥテルテを求める事情があるわけだが、国政政治となるとまた別の話だし、日本人が「こんな指導者も悪くないな・・・」と考えるのはとても危険だ)

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「映画女優演技論」~「あさが来た」波瑠の映画出演歴に「びっくりポン」せねばならない♪2016年10月27日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「映画女優演技論」~「あさが来た」波瑠の映画出演歴に「びっくりポン」せねばならない♪

「あさが来た」ですね。
NHK朝ドラマの。
主演 波瑠。
「あさが来た」以前に「ちょい役」を含め、既に多くの映画に出演しています。
わたしも「波瑠だとは知らず」に観ていた作品も多くあります。
例えばなぜかしょっちゅう映画化される「リアル鬼ごっこ」の第1作に「すぐ殺される」役で出演しています。
そう言えば「リアル鬼ごっこ」第1作は谷村美月が主演だったですね。
当時は谷村美月が主演級の映画が多く制作されていましたが、最近は出番が多くありません。
映画「リアル鬼ごっこ」の一作目が2008年だから、まだ10年も経ていないのに日本映画界はある種状況が変わっていますね。
映画「リアル鬼ごっこ」の最新作は何と園子音監督で、主演がトリンドル玲奈。
最近の園子音は玉石混淆の多作ぶりですが、「愛のむきだし」と「ヒミズ」を撮っただけでも大感謝ですから、文句を言うつもりはありません。

波瑠の話に戻りますと、「ちょい役」も多いとはいえ、早い時期からこれだけ映画の現場にいることでその存在に「厚み・深み」が出ているのは間違いないでしょう。
わたしは一映画ファンとして今の日本映画界の状況に満足しているわけではありませんが、それでも「映画の現場」と「テレビの現場」は全然違うはずです。(テレビドラマをほとんどそのまま映画化するような現場は別ですが)
波瑠のエピソードとして多くのメディアにも載っている逸話の一つが、

「思うように仕事が来ない時期、月30本のペースで映画を観て勉強した」

このような時期、取り組み方はとても重要です。
日本の俳優の中には明らかに「映画とは何か」を理解してない人も少なからずおり、まあそれは俳優たちの責任だけでなく、他国と比べて映画だけでなく文化全般を軽視する日本社会の責任でもありますが。

わたしはNHK「大河]「朝ドラマ」などにさほどの価値があるとは考えてないけれど、波瑠のような女優にはぜひ活躍してほしい。
よって今後も波瑠についての言葉を書いていきます。

nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート