SSブログ

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「魂」を持ち、意識して生きると、人生は変わる。 [「言葉」による革命]

※2019年4月27日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「魂」を持ち、意識して生きると、人生は変わる。



それでは今回は、〈「言葉」による革命〉なりの、

「魂」についてお話を深めていきます。

まず「魂」に関し、一つの結論を提示します。

「魂」とは、

「自分の芯」です。

つまり、「あなたの魂」であれば、

「あなたの芯」。

もう少し違う言い方をすれば、

「あなたそのもの」です。

どういうことでしょうか?

(続きは、有料メルマガでお願いします)

●「言葉を語れ 美のように 戦士のように」

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(15) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2019年4月25日 [愛の景色]

だからすぐに
「自分という文脈」を持ち込んでは
ならない


nice!(12) 
共通テーマ:アート

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記35日目~「コルセット」がピンと来ず、「型取り」に動揺~個室か4人部屋か、病室の推移~最近観たフランス(語)映画4本が気に入らなかった件。

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記35日目~「コルセット」がピンと来ず、「型取り」に動揺~個室か4人部屋か、病室の推移~最近観たフランス(語)映画4本が気に入らなかった件。

末尾ルコ「母の話、健康医療と映画の話題」

4月22日(月)手術後35日目
午後12時の面会

鼻チューブなし。
前夜は看護士がベッド上の体位を変える時に軽いめまいを起したが、すぐに収まった。
昼食は7割くらい食べたか。
大き目の水ようかんを差し入れに持ってきたが、食べたのは半分ほど、
そもそも「大き目」であるし、出された給食を7割食べておれば問題はない。

この日の午後にコルセットの型を取りに業者がやってくることになっていたが、「コルセット」というもののイメージがピンと来てない母は昨夜から少々ビビり気味である。
どうやら痛い注射かちょっとした手術でもやられると勘違いしている。
作業中にまめいを起さねばよいがという懸念はあるが。

・・・

母は感染症専用の個室から出た後は4人部屋で療養している。
思えばいろいろな病室を転々としているもので、今回救急搬送されてから順に見てみると、
ICU
 ↓
HCU
 ↓
一般病棟(4人部屋)
 ↓
ICU
 ↓
HCU
 ↓
一般病棟(4人部屋)
 ↓
感染者用の個室
 ↓
一般病棟

と、このようになっている。
さらに加えて、「寂しい!」とか言い足した夜はナースステーションで夜を過ごさせてもらっているので、約1か月の間にかなり多くの病室を経験していることになる。
ICUやHCUがどのよなものかわたしも今回初めて知ったのであるけれど、まあ高知赤十字病院の場合はICUとHCUではまったく違った印象で、前者はまさに24時間体制で患者を集中管理する場であり、後者はICUと同じフロアに設けられているが、どちらかと言えば、「綿密に管理する一般病棟」という雰囲気だ。
母の場合は一般病棟に移ってから感染症に罹って個室へ移されたのだが、母にとって個室と4人部屋とどちらが合っているか考えた時に、意外にも今のところ後者ではないかという気がしている。
母は一見朗らかで外交的に見えるけれど、案外しょっちゅうの人づきあいを好むタイプではなく、個室の方が合ってるのかなと思っていたけれど、どうやら4人部屋の方が気がまぎれるようだ。
個室だともちろん部屋の中の患者は自分だけであるし、看護士らも具体的な用事がなければあまり入って来ない。
4人部屋であれば、まああまり患者同士で話したりはしないけれど、自分以外の患者に用がある時にも看護士が入室してきて、そんな「動き」があるだけでも気がまぎれるようだし、入ってきた看護士に声をかけて談笑したりと、そんな時間も持てるわけだ。

・・・

WOWOWで放送されるフランス映画ないし、「フランス語が主言語の映画」はすべて録画することにしているが、なかなかに溜まってしまっている。
連日映画を何本も放送するWOWOWだから溜まっているのはフランス映画だけではないが、日本映画はたいがい母と共に鑑賞することにしているから、母の入院期間は録画しているけれど未見のフランス映画を観ることが多い。
最近観たのが、
『愛して、飲んで、歌って』
『92歳のパリジェンヌ』
『愛しき人生のつくりかた』
『神様メール』の4本なのだけれど、
どれも丸っきり好みに合わす。
といったお話しも後日続けよう。

nice!(32)  コメント(7) 
共通テーマ:アート