So-net無料ブログ作成

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~人生を変えよう!「言葉の戦士」スタート講義4。 [「言葉」による革命]

※2019年10月5日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~人生を変えよう!「言葉の戦士」スタート講義4。

▲レッスン1

はい。

今回から4回に渡って、

〈人生を変えよう!「言葉の戦士」スタート講義。〉です。

「スタート講座」と言いつつ応用、そして実践講座も混ぜていきます。

「言葉」は人間生活の、そして社会生活の根幹です。
もちろん人生の中で「言葉の運用」が不調になってしまうこともあります。
しかしそうした人たちも、そうした人たちの周囲の人も、「言葉」を捨てる必要はないし、捨てるべきではありません。

「言葉の力」を信じてください。

というわけで、今回はまた「言葉の力」のお話からしていきましょう。

(続きは、有料メルマガでお願いします)




・・・


●「言葉を語れ
美のように
戦士のように」





・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2019年9月4日 [愛の景色]

あなたにもう2週間以上
会ってない

nice!(9) 
共通テーマ:アート

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記165日目~母とわたしは、入院中になぜ「マリーゴールド」と「Lemon」を練習しているか。 [「言葉」による革命]

末尾ルコ「母の話、音楽の話題」

8月31日(土)手術後165日目
転院129日目 

現在母とわたしは30曲以上課題曲を選んで練習している。
この前その中のユーミン作品を3曲紹介させていただいたけれど、

「守ってあげたい」
「Woman」
「ひこうき雲」

「ひこうき雲」って讃美歌のように聴こえますね。

さて現在特に熱を入れて練習しているのが、

あいみょん「マリーゴールド」
米津玄師「Lemon」

言わずと知れた2018年の大ヒット曲だが、なぜこの歌を選んだのか。
いろいろな理由があって、そして思った以上の効果があるのですな。

もちろん昨年からの大ヒット曲なので、10代~30代の人たちが「マリーゴールド」と「Lemon」を聴いたり口ずさんだりするのは「普通」だろう。
しかし通常80歳以上の人がこの2曲を知り、あまつさえ口ずさむのは「普通ではない」。
ですよね、普通(笑)。
この「普通ではない」のがいいのである。
「何でも普通でないのがいい」と主張しているわけではありませんよ。
ケースバイケースなのですが、

「人口に膾炙した最新のヒット曲を歌う」

は、ご高齢の方々、最新のヒット曲とはさほど縁のなかった方々の人生にとってもとても効果的な行いだと思います。
しかしヒット曲といっても昨今は本当に人口に膾炙する歌は滅多にないですね。
乃木坂何とかがレコード大賞獲ったからって、その曲のサビを誰も(に近い人たち)が歌えるわけではないですね。
ま、アンケートを採ったわけではないので、「絶対に」とは言いませんが。
少なくともわたしは歌えません、乃木坂がレコード大賞を獲った曲のサビとか。
でもけっこういるんでしょうね、中高年で乃木坂の曲を歌える人たちって。

それはさて置き、あいみょんの「マリーゴールド」と米津玄師の「Lemon」の2曲はここ数年の国内ヒット曲では格好の歌だと思います。
まず、どちらの歌もインパクトあるほぼニューフェイスが突如現れた「イメージ」を持っているということ。
特に「あいみょん」という名前はインパクト絶大です。
わたしも昨年カフェの若い女性スタッフからこの名を初めて聞いた時、(え?あいみょん?何、それ???)と思いましたから。
米津玄師という名前は音的にもおもしろいけれど、それ以上に「漢字の字面」がいいですね。
「果心居士」とか、そんな感じがあるでしょう。
ほら、並べてみると、

米津玄師
果心居士

何となくね(笑)。

果心居士って知ってます。
「かしんこじ」と読みまして、室町時代の幻術士とされている。
司馬遼太郎などの小説の題材にもなっているけれど、実在したかどうかは必ずしも定かではないという。(多分続く)

nice!(21)  コメント(3) 
共通テーマ:アート