SSブログ

何のことって、『時計じかけのオレンジ』ですよ! [「言葉」による革命]

映画史にその名を刻む“R18指定”の超問題作、最新リマスターでスクリーンに帰還!
https://movie.walkerplus.com/news/article/207305/

何のことって、『時計じかけのオレンジ』ですよ!
映画館で観るとこれ、ぜんぜん違いますから。

nice!(10)  コメント(0) 

極限の愛、日常の愛、その言葉 2019年10月7日 [愛の景色]

それもとても大事な時間
とてもとても大事な時間

nice!(8) 

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記&退院後日誌4日目~母とイオン高知、スターバックスへ、歩行練習は?~末尾ルコ選定 ロバート・デ・ニーロ出演映画トップ20。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記&退院後日誌4日目~母とイオン高知、スターバックスへ、歩行練習は?~末尾ルコ選定 ロバート・デ・ニーロ出演映画トップ20。

●10月4日(金)手術後199日目
退院後5日目

10月2日には午前中にまずイオン高知へ行きました。
もちろん母と共に。
イオン高知にはスターバックスなどがあって、2年ほど前までは毎日のように足を運んでいたのだけれど、工事とかの影響で車の出入りに時間がかかるようになってからはすっかりご無沙汰になっていた。
しかし多くの高知県民にとっては、イオン高知が一番のプレイスポットなんですな。
TOHOシネマズ高知もイオン高知の3階にあります。
あ、ホアキン・フェニックスの『ジョーカー』も早く観ないとね。
ずっと母の面会、そして4カ月以上の付き添いだったから、当然その間は映画館など行けるはずもない。
日本全国洋画離れが進んでいるけれど、地方は特にそう。
なのでTOHOシネマズ高知だと、東京でヒットしている映画でも、2週間目から1日の上映回数が一気に減らされることも多々ある。
ちなみに母はヴァイオレンス物とかぜんぜんOKです。

平日のイオンは来場客の数もさほど多くなくて、歩行練習にはとても都合がいい。
この日はイオンで2回歩行練習したけれど、A病院でのリハビリと比べると少ない。
この課題をどう調整していくか。

そして母連れでは初めてスタバへ入った。
スタバヘヴィーユーザーのわたしはスタッフ(バリスタ)たちとも顔見知りであり、しっかりと母を紹介した。
これからはわたしの若い友人、知人にもどんどん母を紹介し、話をしてもらうつもりだ。
これってとても大事だと思うのです。

●末尾ルコ選定 ロバート・デ・ニーロ出演映画トップ20。

ロバート・デ・ニーロがわたしにとって「芯の神」であることは何度も書いて来たし、今後も書いていくし、わたしと同じ考えの人は世界に無数にいるし、今後も生まれ、育ち続けるべきなのだ。
『ジョーカー』のホアキン・フェニックスも「デ・ニーロのような俳優になりたい」と思った、少年時代に。
「1位」と「3位」の「6本」は、歴史上最も偉大な芸術たちに比肩する。

1『タクシードライバー』
 『レイジング・ブル』
3『ディアハンター』
 『ゴッドファーザーPart2』
 『グッドフェローズ』
 『ミッション』
8『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』
9『1900年』
10『ケープ・フィアー』
11『エンゼル・ハート』
12『ヒート』 
13『ラスト・タイクーン』
14『ミーン・ストリート』
15『キング・オブ・コメディ』
16『カジノ』
17『ブロンクス物語』
18『ボーイズ・ライフ』
19『ミート・ザ・ペアレンツ』
20『ミート・ザ・ペアレンツ2
21『ミート・ザ・ペアレンツ3』
22『アメリカン・ハッスル』
23『グッド・シェパード』

nice!(16)  コメント(4)