SSブログ

●「母連れ狼」末尾ルコ(アルベール)、うたちゃん(母)との日々~そう、高倉健もやはり「怪物」~『スプライト』リニューアルを飲んだ。 [「言葉」による革命]


わたしはアートでロックでハードボイルドでポップでジェントルな末尾ルコと名乗り、しかし地元ではふつうアルベールなのですが、「初恋のヒヨコ」でもあります。原則いつも母(うたちゃん)と行動を共にし、車いすを押しておるそのイメージから「母連れ狼」とも名乗ります。
そう、最高の介護を超えるべく。

・・・

///
  
★映画は最高の「会話」の題材となる。
そして人間、「会話ある人生」と「会話無い人生」とはまったく違う。
 
このテーマ、わたしの宿願と言っていいですが、深め、広げ、各方面にアピールしていきます。

///


新しいデイサービスの初日、結局エライザ(ケアマネさん)と高倉健について語り合ったのだが、そうか、NHKの『アナザーストーリー』で『幸福の黄色いハンカチ』の特集があったんだよな。
ぼくは高倉健の映画の中では『昭和残侠伝』シリーズが一番好きで、実は『幸福の黄色いハンカチ』はいまだピンと来たことがない。
東映任侠物を卒業してからの高倉健なら、『遥かなる山の呼び声』の方が好きだ。

でもまあ高倉健は日本映画史上文句なしの「怪物」です。
三船敏郎や三國連太郎も「怪物」だよね。
女優で言えば、若尾文子は「怪物」だよなあ。

話ぜんぜん変わるけど、『スプライト』がリニューアルしたというんで早速買ってみた。
うむ、確かにペットボトルのデザインは明るくすっきりした感じに変わっている。
より爽快感をイメージできるようなデザインだね。
味もリニューアルされてるというが、うーむ、言われてみればくらいの感じかな。
リニューアルを意識して飲めば、以前よりもよりクリアな味のような・・・気がしなくもない(笑)。

・・・

『アデルの恋の物語』の名台詞

「若い娘が海を越え、旧世界から新世界へ行く冒険、私はそれをする」


『バベットの晩餐会』の名台詞

「芸術家は貧しくならないんです」



眠狂四郎(市川雷蔵)の名台詞

「それはそれ 恋は恋」



 ///

スペイドはクスクス笑った。「悪党も下っ端になるほど、派手なタンカを切るもんと見える」とうれしそうに言った。

 『マルタの鷹』ダシール・ハメット
 村上啓夫訳 より

///

山田姉妹のYouTubeチャンネルです。
 ↓
https://www.youtube.com/channel/UCG5-W9juoM5xsObCU_M3GNg

nice!(17)  コメント(1)