SSブログ
「言葉」による革命 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

●「母連れ狼」末尾ルコ(アルベール)、うたちゃん(母)との日々~水川あさみがより深く映画の世界へと。 [「言葉」による革命]


わたしはアートでロックでハードボイルドでポップでジェントルな末尾ルコと名乗り、しかし地元ではふつうアルベールなのですが、「初恋のヒヨコ」でもあります。原則いつも母(うたちゃん)と行動を共にし、車いすを押しておるそのイメージから「母連れ狼」とも名乗ります。
そう、最高の介護を超えるべく。

・・・

///
  
★映画は最高の「会話」の題材となる。
そして人間、「会話ある人生」と「会話無い人生」とはまったく違う。
 
このテーマ、わたしの宿願と言っていいですが、深め、広げ、各方面にアピールしていきます。

///

毎日ですね、誰かと、映画か音楽か本(読書)に関する会話を試みてください。
つまりわたしが言うところの「3種の神器」に関する会話ですね。
映画か音楽か本(読書)、そのうちのどれか、あるいはそれらすべてなら言うことない。
芸術は基本「独りで鑑賞」するものですが、それを「自分の中」に留めず、「外へ出す」ことで新たな、そして時に大きな展開が生まれます。

・・・


水川あさみが『リアルサウンド』のインタヴューで「今後はもっと深く映画に関わっていきたい」旨発言している。
彼女いわく、20代はテレビドラマ出演を重視していたけれど、30代を超えて分かってきたのだとか。
水川あさみの最近の言動からして、非常に納得できる内容です。
夫の窪田正孝はすでに映画に対してもっと突っ込んだ言い方をしているし、この夫婦、どんどん応援していこう。

おそらく最近の新垣結衣も同様の感覚だと思う。
映画『正欲』について熱く語る新垣結衣も。



nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●「母連れ狼」末尾ルコ(アルベール)、うたちゃん(母)との日々~『ザ・キラー』、ティルダ・スウィントンとマイケル・ファスベンダーの対峙。 [「言葉」による革命]


わたしはアートでロックでハードボイルドでポップでジェントルな末尾ルコと名乗り、しかし地元ではふつうアルベールなのですが、「初恋のヒヨコ」でもあります。原則いつも母(うたちゃん)と行動を共にし、車いすを押しておるそのイメージから「母連れ狼」とも名乗ります。
そう、最高の介護を超えるべく。

・・・

///
  
★映画は最高の「会話」の題材となる。
そして人間、「会話ある人生」と「会話無い人生」とはまったく違う。
 
このテーマ、わたしの宿願と言っていいですが、深め、広げ、各方面にアピールしていきます。

///

毎日ですね、誰かと、映画か音楽か本(読書)に関する会話を試みてください。
つまりわたしが言うところの「3種の神器」に関する会話ですね。
映画か音楽か本(読書)、そのうちのどれか、あるいはそれらすべてなら言うことない。
芸術は基本「独りで鑑賞」するものですが、それを「自分の中」に留めず、「外へ出す」ことで新たな、そして時に大きな展開が生まれます。

・・・


『ザ・キラー』の観どころは多いが、その筆頭はマイケル・ファスベンダーとティルダ・スウィントンの対峙。
それはまるで『ヒート』のロバート・デ・ニーロとアル・パチーノの対峙ようでいて。

もちろんデ・ニーロとパチーノまでの映画史的金字塔とまではいかないが。
しかしティルダ・スウィントンはもうずっと前から映画芸術の世界では最重要俳優の一人である。

その両性具有(アンドロギュヌス)的外見と雰囲気はまさに生ける芸術。
既に若き日、『オーランド』でティルダ・スウィントンの現実離れした美は圧倒的に発揮されている。
『オーランド』で若き日のティルダ・スウィントンの姿を若き日のままぼくたちは
観ることができる。
映画が映画であり、唯一無二の芸術である証拠の一つ。

タグ:アート
nice!(14)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

●「母連れ狼」末尾ルコ(アルベール)、うたちゃん(母)との日々~デヴィッド・フィンチャー『ザ・キラー』と『サムライ』。 [「言葉」による革命]


わたしはアートでロックでハードボイルドでポップでジェントルな末尾ルコと名乗り、しかし地元ではふつうアルベールなのですが、「初恋のヒヨコ」でもあります。原則いつも母(うたちゃん)と行動を共にし、車いすを押しておるそのイメージから「母連れ狼」とも名乗ります。
そう、最高の介護を超えるべく。

・・・

///
  
★映画は最高の「会話」の題材となる。
そして人間、「会話ある人生」と「会話無い人生」とはまったく違う。
 
このテーマ、わたしの宿願と言っていいですが、深め、広げ、各方面にアピールしていきます。

///

毎日ですね、誰かと、映画か音楽か本(読書)に関する会話を試みてください。
つまりわたしが言うところの「3種の神器」に関する会話ですね。
映画か音楽か本(読書)、そのうちのどれか、あるいはそれらすべてなら言うことない。
芸術は基本「独りで鑑賞」するものですが、それを「自分の中」に留めず、「外へ出す」ことで新たな、そして時に大きな展開が生まれます。

・・・


『ザ・キラー』。Netflix映画。監督デヴィッド・フィンチャー、主演マイケル・ふぇすベンダー、さらにティルダ・スウィントンも出ているとなると、(すぐに観たい!)となる。
期待通りおもしろい。
しかし観進めるうちに(あの映画に似ている)こと、手に取るように分かってきた。
自らを律する自らの掟を頑なに守る殺し屋、ほぼ無表情、台詞も少なく、何よりも最初から終わりまでモノクロにも似たトーンの映像が美しく怖い。
そう、ジャン・ピエール・メルヴィルとアラン・ドロンが組んだフィルムノワールの金字塔『サムライ』。
鑑賞後に知ったのだが、『ザ・キラー』の原作者が『サムライ』のファンなのだという。
凄い話だね。

nice!(16)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

●「母連れ狼」末尾ルコ(アルベール)、うたちゃん(母)との日々~11月の危機、うたちゃんが風邪に。 [「言葉」による革命]

わたしはアートでロックでハードボイルドでポップでジェントルな末尾ルコと名乗り、しかし地元ではふつうアルベールなのですが、「初恋のヒヨコ」でもあります。原則いつも母(うたちゃん)と行動を共にし、車いすを押しておるそのイメージから「母連れ狼」とも名乗ります。
そう、最高の介護を超えるべく。

・・・

///
  
★映画は最高の「会話」の題材となる。
そして人間、「会話ある人生」と「会話無い人生」とはまったく違う。
 
このテーマ、わたしの宿願と言っていいですが、深め、広げ、各方面にアピールしていきます。

///

毎日ですね、誰かと、映画か音楽か本(読書)に関する会話を試みてください。
つまりわたしが言うところの「3種の神器」に関する会話ですね。
映画か音楽か本(読書)、そのうちのどれか、あるいはそれらすべてなら言うことない。
芸術は基本「独りで鑑賞」するものですが、それを「自分の中」に留めず、「外へ出す」ことで新たな、そして時に大きな展開が生まれます。

・・・

11月も中盤にさしかかろうという時期、大波乱に見舞われた我が家。
もちろんうたちゃん(母)のことだ。
退院以来大きな体調変化なく来ていたうたちゃんなのだが、ある日非常に咳が多くなった。
もともと咳はしやすい体質で、年中一日に何度かは咳き込む体質ではあって、しかしそれにしても時間の経過とともにひっきりなしになってくる。
(これは・・・)と大きな危惧を抱きつつ体温を測ってみると、何と「37度7分」!
発熱するなんて退院後はもちろん、入院前も(あれはいつだったか)というくらい記憶にない。
もちろん脳裏にはすぐに(コロナでは)と疑念が浮かぶ。
コロナでなくても88歳。
このまま体温が上がり続けると危険だ。
既に夜11時、このまま自宅で朝まで待つのは非常に不安だ。
だからぼくは119番を含め、いくつかの番号に電話をしてみた。
しかし・・・ここでは詳細は省くが、コロナ感染者、インフルエンザ感染者多く、下手するとたらい回しにされて余計に体調を悪化させかねない。
賭けではあったけれど、市販の風邪薬(新ルル)を服用してもらい、一晩自宅で過ごすことにした。

で、他にもいろいろあったけれど(ぼくも風邪ひいたし)、うたちゃんの風邪は3日ほどでほぼ完治した。
日本が冬型の気候になる少し前の話。
これから本格的な冬に向けて、まずます気を引き締めねばならない。

nice!(19)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

●「母連れ狼」末尾ルコ(アルベール)、うたちゃん(母)との日々~心して観るべき、過酷で美しい『あのこと』~『恋するデビー』って何? [「言葉」による革命]


わたしはアートでロックでハードボイルドでポップでジェントルな末尾ルコと名乗り、しかし地元ではふつうアルベールなのですが、「初恋のヒヨコ」でもあります。原則いつも母(うたちゃん)と行動を共にし、車いすを押しておるそのイメージから「母連れ狼」とも名乗ります。
そう、最高の介護を超えるべく。

・・・

///
  
★映画は最高の「会話」の題材となる。
そして人間、「会話ある人生」と「会話無い人生」とはまったく違う。
 
このテーマ、わたしの宿願と言っていいですが、深め、広げ、各方面にアピールしていきます。

///

毎日ですね、誰かと、映画か音楽か本(読書)に関する会話を試みてください。
つまりわたしが言うところの「3種の神器」に関する会話ですね。
映画か音楽か本(読書)、そのうちのどれか、あるいはそれらすべてなら言うことない。
芸術は基本「独りで鑑賞」するものですが、それを「自分の中」に留めず、「外へ出す」ことで新たな、そして時に大きな展開が生まれます。

・・・


ノーベル文学賞作家アニー・エルノー原作(小説の日本語タイトルは『事件』)の映画『あのこと』は、妥協を許さぬ描写で(さすがヴェネチア国際映画祭金熊賞)と感服するのだが、それ以前に映画として大変美しい。
中絶が犯罪とされていた時代のフランス。
望まぬ妊娠をした高校生の主人公は、しかし必死で中絶の手段を探す。
大袈裟な描写や演技は一切なく、丹念にショットを積み重ねながら主人公の存在を浮き彫りにしていく。
主人公の母役はあのサンドリーヌ・ボネールである。


デビー・ブーンはパット・ブーンの娘で、一曲だけやたらヒットしたので有名になったのだけど、曲名は「You Light Up My Life」。
これが日本語タイトルでは「恋するデビー」になっておりました。
日本ではよくあることです。

nice!(20)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

●「母連れ狼」末尾ルコ(アルベール)、うたちゃん(母)との日々~長谷川一夫の「重み」と『ラーゲリより愛をこめて』の「軽さ」。 [「言葉」による革命]


わたしはアートでロックでハードボイルドでポップでジェントルな末尾ルコと名乗り、しかし地元ではふつうアルベールなのですが、「初恋のヒヨコ」でもあります。原則いつも母(うたちゃん)と行動を共にし、車いすを押しておるそのイメージから「母連れ狼」とも名乗ります。
そう、最高の介護を超えるべく。

・・・

///
  
★映画は最高の「会話」の題材となる。
そして人間、「会話ある人生」と「会話無い人生」とはまったく違う。
 
このテーマ、わたしの宿願と言っていいですが、深め、広げ、各方面にアピールしていきます。

///

毎日ですね、誰かと、映画か音楽か本(読書)に関する会話を試みてください。
つまりわたしが言うところの「3種の神器」に関する会話ですね。
映画か音楽か本(読書)、そのうちのどれか、あるいはそれらすべてなら言うことない。
芸術は基本「独りで鑑賞」するものですが、それを「自分の中」に留めず、「外へ出す」ことで新たな、そして時に大きな展開が生まれます。

・・・

BS12が積極的に映画放送してくれて、とても助かっている、愉しんでいる。
例えば長谷川一夫。
ぼくにとって名前は知っているけれどほとんど未知の大スターだったのだけど、このところ放送してくれたのが、『忠臣蔵』「雪之丞変化』、そして『銭形平次』シリーズ。
長谷川一夫の魅力、大スラーぶり、じょじょに分かってきましたよ。
何といっても美しい面立ち。
そして圧倒的な目の力。
さらに粋でしかも重みある台詞回し。
長谷川一夫を観ているだけで時間が充実する。
これが大スターなんですね。

「重み」と言えば、『ラーゲリより愛をこめて』を観たのだけれど、ソ連の強制収容所に送られた日本人を題材としているけれど、そんなヘヴィーな題材なのに「重み」が感じられない。
松坂桃李、安田顕など好きな俳優も出ているけれど、なんかこう、彼らがバラエティ番組へ出ている姿が脳裏をよぎるんです。
昨今そうしたことを気にする人は少ないかもしれないけれど、ぼくは気になるな。
気になって当然だと思うけど。

nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

●「母連れ狼」末尾ルコ(アルベール)、うたちゃん(母)との日々~「代表作」でアカデミー賞を獲ってないポール・ニューマンやアル・パチーノ。 [「言葉」による革命]



わたしはアートでロックでハードボイルドでポップでジェントルな末尾ルコと名乗り、しかし地元ではふつうアルベールなのですが、「初恋のヒヨコ」でもあります。原則いつも母(うたちゃん)と行動を共にし、車いすを押しておるそのイメージから「母連れ狼」とも名乗ります。
そう、最高の介護を超えるべく。

・・・

///
  
★映画は最高の「会話」の題材となる。
そして人間、「会話ある人生」と「会話無い人生」とはまったく違う。
 
このテーマ、わたしの宿願と言っていいですが、深め、広げ、各方面にアピールしていきます。

///

毎日ですね、誰かと、映画か音楽か本(読書)に関する会話を試みてください。
つまりわたしが言うところの「3種の神器」に関する会話ですね。
映画か音楽か本(読書)、そのうちのどれか、あるいはそれらすべてなら言うことない。
芸術は基本「独りで鑑賞」するものですが、それを「自分の中」に留めず、「外へ出す」ことで新たな、そして時に大きな展開が生まれます。

・・・

アカデミー賞俳優部門の受賞を果たしても、そのタイミングが(?)の倍も多々ある。
例えばポール・ニューマン。
彼は『ハスラー2』で主演男優賞をついに獲得したのだが、同作が代表作ではないだろう。
同じくハリウッドを代表する演技力を誇ると見做され続けていたアル・パチーノは『セント・オブ・ウーマン』で主演男優賞を獲得したが、『ゴッドファーザー』『セルピコ』『狼たちの午後』などを擁する彼の代表作が『セント・オブ・ウーマン』だとは言い難い。

ポール・ニューマン。
映画史上最も美しい男かもしれないポール・ニューマン。
ぼくは11月のある夜、スタバのT君にポール・ニューマンの
『暴力脱獄』
『ハスラー』
『ハスラー2』
『タワーリング・インフェルノ』をお薦めしようと、メモに書いて渡そうとしたけれど、その時のT君はドライブスルーの仕事が忙しく渡すタイミングはなかった。
それでもいいのさ。

nice!(20)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

●「母連れ狼」末尾ルコ(アルベール)、うたちゃん(母)との日々~マット・デイモンもロバート・レッドフォードも俳優部門でオスカーを獲ってない。。 [「言葉」による革命]

わたしはアートでロックでハードボイルドでポップでジェントルな末尾ルコと名乗り、しかし地元ではふつうアルベールなのですが、「初恋のヒヨコ」でもあります。原則いつも母(うたちゃん)と行動を共にし、車いすを押しておるそのイメージから「母連れ狼」とも名乗ります。
そう、最高の介護を超えるべく。

・・・

///
  
★映画は最高の「会話」の題材となる。
そして人間、「会話ある人生」と「会話無い人生」とはまったく違う。
 
このテーマ、わたしの宿願と言っていいですが、深め、広げ、各方面にアピールしていきます。

///

毎日ですね、誰かと、映画か音楽か本(読書)に関する会話を試みてください。
つまりわたしが言うところの「3種の神器」に関する会話ですね。
映画か音楽か本(読書)、そのうちのどれか、あるいはそれらすべてなら言うことない。
芸術は基本「独りで鑑賞」するものですが、それを「自分の中」に留めず、「外へ出す」ことで新たな、そして時に大きな展開が生まれます。

・・・
マット・デイモンはアカデミー賞の演技部門を受賞していない。
長らく大スターのポジションを保ち続け、数々のヒット作に主演しているマット・デイモンがアカデミー賞の演技部門で受賞してないことは多くの人々に不思議がられていない。
なぜならば、大スターマット・デイモンは「演技賞受賞タイプ」ではないと見做されているからだ。
それはトム・クルーズも同様だし、かつてのスーパースター ロバート・レッドフォードも同様だ。
レッドフォードはアカデミー賞監督賞を獲得しているが、杯優賞は一度も受賞していない。
要するに彼らは、「大スターとしては凄いけれど、演技が凄いわけではない」と見做されている。
もちろんそうした先入観が覆る場合もある。
とても「演技賞向き」とは見えなかったブラッド・ピットが助演男優賞を獲得したりとか。

nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

●「母連れ狼」末尾ルコ(アルベール)、うたちゃん(母)との日々~「自分が汚したトイレ」の後始末~いつも蘇るスカーレットとレット。 [「言葉」による革命]


わたしはアートでロックでハードボイルドでポップでジェントルな末尾ルコと名乗り、しかし地元ではふつうアルベールなのですが、「初恋のヒヨコ」でもあります。原則いつも母(うたちゃん)と行動を共にし、車いすを押しておるそのイメージから「母連れ狼」とも名乗ります。
そう、最高の介護を超えるべく。

・・・

///
  
★映画は最高の「会話」の題材となる。
そして人間、「会話ある人生」と「会話無い人生」とはまったく違う。
 
このテーマ、わたしの宿願と言っていいですが、深め、広げ、各方面にアピールしていきます。

///

毎日ですね、誰かと、映画か音楽か本(読書)に関する会話を試みてください。
つまりわたしが言うところの「3種の神器」に関する会話ですね。
映画か音楽か本(読書)、そのうちのどれか、あるいはそれらすべてなら言うことない。
芸術は基本「独りで鑑賞」するものですが、それを「自分の中」に留めず、「外へ出す」ことで新たな、そして時に大きな展開が生まれます。

・・・


自分が汚したトイレの後片付けくらいなぜできない?
もちろんハンディある人たちの中にはそれができない人もいるだろう。
そうした人たちの場合は話は別だが、しかしせめて施設のスタッフに「汚してしまった」旨、伝えるくらいはしてほしい。

・・・

それにしてもレディ・ガガとブラッドリー・クーパー「Shallow」、いいよなあ。
心を揺さぶられるぜ。
ブラッドリー・クーパー監督の『アリー スター誕生』、ぜひ観てちょうだいよ、と。

アトランタが燃え落ちる映画史上空前のスペクタクルシーン。
「タラのテーマ」。
そして命を燃やすニューロティックに過ぎるヴィヴィアン・リー。
「男の色気」の権化、クラーク・ゲーブル。

それにしてもかつて「ロビンソン」と言えば「人間風車 ロビンソン」だったんだけどね。
今はもちろんスピッツの「ロビンソン」。

nice!(19)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

●「母連れ狼」末尾ルコ(アルベール)、うたちゃん(母)との日々~「他人が見えない人たち」~スカーレット・ヨハンソンとキーラ・ナイトレイはまだ30代。 [「言葉」による革命]


わたしはアートでロックでハードボイルドでポップでジェントルな末尾ルコと名乗り、しかし地元ではふつうアルベールなのですが、「初恋のヒヨコ」でもあります。原則いつも母(うたちゃん)と行動を共にし、車いすを押しておるそのイメージから「母連れ狼」とも名乗ります。
そう、最高の介護を超えるべく。

・・・

///
  
★映画は最高の「会話」の題材となる。
そして人間、「会話ある人生」と「会話無い人生」とはまったく違う。
 
このテーマ、わたしの宿願と言っていいですが、深め、広げ、各方面にアピールしていきます。

///

毎日ですね、誰かと、映画か音楽か本(読書)に関する会話を試みてください。
つまりわたしが言うところの「3種の神器」に関する会話ですね。
映画か音楽か本(読書)、そのうちのどれか、あるいはそれらすべてなら言うことない。
芸術は基本「独りで鑑賞」するものですが、それを「自分の中」に留めず、「外へ出す」ことで新たな、そして時に大きな展開が生まれます。

・・・

「他人が見えてない人間」は世の中いたるところに存在する。
例えばレストランやカフェで限度を超えたでかい声で話する手合い。
あるいはスーパーなどで自分の子どもが走りまくっているのに平気な親たち。
自分らの行為で「自分たち以外がどれだけ不快に感じているか、どれだけ危険に曝されているか」、まったく想像できない人間。
あるいは「自分たち以外がどれだけ不快に感じているか、どれだけ危険に曝されているか」ある程度分かっていても、「他人がどうなろうと平気」な人間。
そして多目的トイレに関しても、そうした手合いがかなりの割合で見受けられるのが事実なのだ。

・・・

20代、30代の、主にハリウッドで活躍している女優で今をリードしている人はどんな人たちかなとチェックする時間を取った。

驚いたのは、スカーレット・ヨハンソンとキーラ・ナイトレイがまだ30代だという事実だ。
何とこの二人は息長くぼくたちを愉しませ続けてくれているのか。

スカーレット・ヨハンソン、『ルーシー』抜群。
キーラ・ナイトレイ『ドミノ』でヌンチャク振り回すとこ、カッコいいぜ!

nice!(17)  コメント(3) 
共通テーマ:アート
前の10件 | 次の10件 「言葉」による革命 ブログトップ