SSブログ

〈「言葉」による革命〉・・・末尾ルコ「映画であなたの人生をより強靭に美しくする」講座~BBC「史上最高のアメリカ映画100本(The 100 Greatest American Films)」こそ英会話の話題にすべき!2016年3月30日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「映画であなたの人生をより強靭に美しくする」講座~BBC「史上最高のアメリカ映画100本(The 100 Greatest American Films)」こそ英会話の話題にすべき!

2015年に発表された英BBCの「史上最高のアメリカ映画100本(The 100 Greatest merican Films)」上位30本。
また見てください。

1「市民ケーン」(1941)
2「ゴッドファーザー」(1972)
3「めまい(1958)」
4「2001年宇宙の旅」(1968)
5「捜索者」(1956)
6「サンライズ」(1927)
7「雨に唄えば」(1952)
8「サイコ(1960)」
9「カサブランカ」(1942)
10「ゴッドファーザーPARTII」(1974)
11「偉大なるアンバーソン家の人々」(1942)
12「チャイナタウン」(1974)
13「北北西に進路を取れ」(1959)
14「ナッシュビル」(1975)
15「我等の生涯の最良の年」(1946)
16「ギャンブラー」(1971)
17「黄金狂時代」(1925)
18「街の灯(1931)」
19「タクシードライバー」(1976)
20「グッドフェローズ」(1990)
21「マルホランド・ドライブ」(2001)
22「グリード」(1925)
23「アニー・ホール」(1977)
24「アパートの鍵貸します」(1960)
25「ドゥ・ザ・ライト・シング」(1989)
26「Killer of Sheep」(1977/日本未公開)
27「バリー・リンドン」(1975)
28「パルプ・フィクション」(1994)
29「レイジング・ブル」(1980)
30「お熱いのがお好き」(1959)

ではクイズ!
1サイレント映画は何本入ってますか?
2アルフレッド・ヒッチコック監督の作品は何本入っていますか?
3ロバート・デ・ニーロ出演作は何本入っていますか?

お分かりですよね?
解答は後日。

こうした映画の話題は外国人との会話の中で非常に有効です。
総じて米国人、英国人、フランス人など欧米人は近年の日本人よりよく映画を観ている。(別に欧米人重視でこういう書き方をしているのではありませんよ)
特にある程度以上教養がある外国人は観ています。
さらに言えば、ここで挙げた30本の如き、「過去の傑作」をしっかり鑑賞している人であれば、「しっかりした知性・教養がある」という確率がかなり高くなります。(本当です)
で、シンプルなポイントですが、外国人と映画に関する会話をする場合、「原題」を覚えておかねばなりません。
よく英会話スクールでも「あの映画、あの映画」と作品の内容は分かっているけれど、原題が出てこない人の姿をよく見かけました。

・ポイント

外国映画は原題も覚える。

単純な話、それを続けていれば、英語の感覚もアップするわけです。

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0