So-net無料ブログ作成
「言葉」による革命 ブログトップ
前の10件 | -

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記&退院後日誌138日目~「ハードボイルドタッチ」、『エンゼル・ハート』、そして『チャイナタウン』『ブレードランナー』。鍋に入れた春菊と菜の花~「魔所の涙」を持って来てくれた近所の奥さん。 [「言葉」による革命]

末尾ルコ「母の話、健康医療・介護福祉の話題、映画の話題」

2月18日(火)手術後335日目
退院後138日目

それでは「ハードボイルドタッチ」とは何かと問われると・・・。
文学においてはアーネスト・ヘミングウェィらの「乾いた文体」といった説明をされることが多いが、実は乾いているように見えて「ウェット」なのがハードボイルドタッチなのではないだろうか。
ここで(ハードボイルドタッチとは何か?)というテーマに深入りはしない。
けれど例えばハードボイルドの雄として誰もが連想するレイモンド・チャンドラーのすべての小説に必ずしもハードボイルドタッチを蟹るわけではないし、ましてその映画化が常に心地よいハードボイルドタッチを実現しているわけでもなく、ロバート・ミッチャムやエリオット・グールドのフィリップ・マーロウが必ずしも納得できるハードボイルド探偵であるというわけでもない。
なので『エンゼル・ハート』のハードボイルドタッチはとてもとても貴重なのだし、ロマン・ポランスキーの『チャイナタウン』、そして傑作ハードボイルド『ブレードランナー』が映画史上にそそり立っているのである。


鍋に春菊と菜の花の葉を入れた。
菜の花の葉はもりもりと嵩張って(だいじょぶかな、これ・・・)と不安にならなくもなかったが、大丈夫、少し茹でるとすぐにペシャンコになり食べやすくなる。
春菊と菜の花の競演は鍋の中でインパクト抜群で、特にやはり菜の花の苦みが心地よい。
(俺も苦みを愉しめる大人になったか・・・)と殊更感慨に耽ったわけではないが。
それにしても春菊と菜の花の濃緑がいい。
菜の花の歯応えがいい。

深夜、おでんのためにゆで卵の皮を剥く。
既に完成していた茹で卵。
おでんを作る段取りも進歩してきた。
きれいに剥けて、つるりとして白身の表面が露出すると嬉しくなる。
一個だけ白身にヒビを入れてしまった。

2月14日、来客があり玄関へ出る。
近所の奥さんである。
そう言えばこの方は70歳くらいになるのだろうか。
そう考えれば若い。
花束を持って来てくれている。
豪華な植えものの花束だ。
ガーベラにも菊にも似ている。
濃いピンクと紫の花びら。
鼻の説明のプレートには、有限会社『モリヒロ園芸』による「ティアウィッチ 魔女の涙」で、「品種登録出願中」と記されてある。
後から考えればこの日はバレンタインデーだったのだが、奥さんがわたしにプレゼント・・・というわけではない。
母に、だ。
これは嬉しい。
この方、母入院中もいつも気にしてくれていて、会えば温かい言葉をかけてくれていた。
そして今回は、
「本当に元気になって!いや、それでほら、わたしが年下やき言いにくいけんど、先生(←母のこと)って、可愛いやんか」

・・・ああ、この方、母をずっと(可愛い)と思ってくれていたんだ。

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「日本を新たなる映画大国にしよう!」その22。「言葉の戦士」の「ミッション」と修行、そして「品性」の問題。 [「言葉」による革命]

※2020年2月24日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「日本を新たなる映画大国にしよう!」その22。「言葉の戦士」の「ミッション」と修行、そして「品性」の問題。

「言葉の戦士」を志すために、「言葉による技術」を磨かねばならないことはもちろんですが、「精神面の強靭化」も大前提として常に行っていただきます。
「強靭化」などと書くとどこやらの「国土強靭化」という言葉を想起しそうになりますが、これは忘れていただきましょう。
日本ではそうですね、少なくとも昭和のある時期から、多くの日本人自らが日本語の価値を下げる、貶める状況が続いています。
もちろん「言葉のため」に頑張っている日本人もいる。
しかし圧倒的少数です。
なにせマスメディアが率先して日本語を貶めている、価値を下げている。
しかしわたしたち少数派は戦わねばなりません。

(続きは、有料メルマガでお願いします)

●「言葉を語れ
美のように
戦士のように」

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記&退院後日誌137日目~オイルパンなど破損、今回も自動車保険は・・・。~『エンゼル・ハート』で貫かれるハードボイルドタッチ。 [「言葉」による革命]

末尾ルコ「母の話、自動車保険話題、映画とハードボイルドタッチの話題」

2月17日(月)手術後334日目
退院後137日目

それにしてもお粗末なことです。
自宅の壁に車をぶつけられるなんてのも滅多にない事態なのですが、その翌日に自ら自動車保険会社に電話せねばならない事態を惹起するとは。
しかし起こってしまったことは変えられない。
某所駐車場の車止めに乗り上げ通り越した翌朝、わたしは某自動車保険のコールセンターの番号をプッシュした。
やたら丁寧な言葉遣いの男性オペレーターが対応してくれ、(ほほう、この件では保障があるのかな)と思いきや、昼前にかかってきた女性オペレーターは「お客様のご契約内容では今回の件で保障はありません」と残酷なセリフ。
(そうかあ、またかあ・・・)
まあしかしあらゆるリスクに備えた契約にしてしまえば毎回の保険金が嵩み過ぎるのであって、そんなことはそうそうできない。
不動産売却以上のビッグマネーが入れば別だけどね。
ああ、浜田省吾の「MONEY」。
そう、今でもそうなのだろうか、かつて浜田省吾はテレビなど一切出演せずともコンサートは瞬く間にソールドアウト。
そんな強いイメージがあった。
「テレビに頼る」というシステムが日本はずっと強過ぎて、それがいまだ続いているのです。
東出昌大の「騒ぎ」もその一つ。
ま、特に浜田省吾に思い入れがあるわけではないのですが。
あいみょんはハマショーから大きな影響を受けるんだよ。

それにしても車の件でまたしても痛い出費。
しかし代車を擦ったのも今回自車を車止めに乗り上げたのもすべて「わたしの責任」。
誰も攻めることはできない。
いや、「攻める」じゃなくて「責める」でした。

▲どんなことでも薬にできるか?

何でも述べているけれど、『エンゼル・ハート』、隙です。
批評家筋の評価はさほどでもなかったですけどね。
「批評家の意見」って、昨今まるで顧みない・・・と言う以前に、「批評家の存在を知らない」という人も増えてきている感触がありますね。
その代わりに「ユーザーレヴューでどうだった」ことを目安にする人多いけれど、そしてユーザーレヴューも「読み方」を覚えれば役には立ちますが、(それだけでいい)と信じ込むのは実に危険。
そして「批評家の意見」も「読み方」次第でとても役に立つのですな。
『エンゼル・ハート』はなにせデ・ニーロの「ルイス・サイファー」!
デ・ニーロに「これ」をやられたら誰も太刀打ちできないだろうという「ルイス・サイファー」。
そしてダークなハードボイルドタッチとオカルト趣味がものの見事に合致!
案外と言うか当然と言うか、ハードボイルドタッチを映画作品のオープニングからエンディングまで貫くのは難しいのです。

nice!(18)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「想像と推理」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「想像と推理」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を磨くレッスン」

風景や季節の移ろいにデリケートなお二人の純粋で透明感溢れるご感性も、お二人の芸術の奥行きを増しているのでしょうね。わたしも忙しい毎日の中、ついつい自然の美に対する感覚を忘れる時があります。大いに反省し、感覚を磨き続けたいと思います。
そして・・・「昔から夢だった仕事の本番」、さらに「解禁は少し先」ですか。まるでミステリを読んでいるような心地よく謎めいた雰囲気。想像と推理を働かせながら発表をお待ちしております。シャーロック・ホームズのように、フィリップ・マーロウのように、リュウ・アーチャーのように。

●「言葉を語れ
美のように
戦士のように」

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記&退院後日誌136日目~一つの事故と、もう一つの車体破損をよき薬にしなければ! [「言葉」による革命]

2月16日(日)手術後333日目
退院後136日目

わたしの不動産売却について少し補足しておくと、「2カ月半で売却完了」というのは、「C社』様と専属専任媒介契約を結んでからの期間でして、不動産関係のサイトを見てみると、「売却活動」というものは、「売却を決意し、仲介をお願いする不動産会社を探し始めてから」としているのが一般的です。
となればわたしの場合は売却活動を始めてから半年以上は経過していたということになります。
「半年以上」という期間が長かったのか短かったのかはものごとの取り様ですけれど、そもそも「売れるか売れないか分からない」、「そう簡単に売れるものではない」「長ければ1年や2年は普通にかかってしまう」などといった情報が多い中、専属専任媒介契約を結んでから2カ月半程度で売却できたのには本当に驚いたし、有難かったです。

不動産売却の精算は某銀行の応接室(←初めて入った 笑)で、C社の代表取締役、購入先の会社の代表取締役、担当の司法書士、そしてわたしの4人で行いましたが、その時にもちょっと変わった事態が発生したのですが、それはまたの機会にして、清算後家に帰ったらわたしの家の壁に車が突っ込んでおりましてですね。
「不動産が売れた日」をさらに忘れ難くするような出来事だったのですが、既に来ていた警官に聴けば、「(わたしの)家の前の道路で2台の車がすれ違う際に1台がハンドルを切り損ね、壁に突っ込んだのだという。
車の左前部はかなり破損していたけれど、人身事故にはなっておらず、我が家の被害の方も郵便受けがかなり変形している以外は、壁のごく一部が破損しているくらいではありました。
この場合わたしは事故の被害側となるわけですが、事故を起こした二人の方が加入している保険会社から電話がかかったり、こうした物損事故の際に修理などを行う専門らしき会社から電話がかかったりと、ただでさえ忙しい毎日なのに用事が増えて、ちと閉口です。
ところが翌日2月14日、どうもわたしにとってよろしくない流れが続いていたようで、母を助手席に乗せての運転中、ある駐車場で車止めブロックに乗り上げて・・・と言うか、そこを通過してしまい。
通過する際はかなりの衝撃で母も大騒ぎしていたけれど、取り敢えず母もわたしも怪我無く済んだのですが、家へ帰ってからオイルが漏れていることが判明。
わたしはこの状態を自力でどうにかするスキルはなく、JAFを呼びました。
けれどオイルパンの破損はその場ではどうすることもできず、修理に出さざるを得ず、そして今度はわたしが保険会社に連絡する羽目になってしまったのです。

12月の車検時に代車を傷つけてしまったばかりだと言うのに何をしているのかと我ながら呆れるばかりですが、いやホント、これを貴重な薬にしていろんなことを改善していこうと誓った次第なのです。


nice!(20)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「コーラス」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「コーラス」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を磨くレッスン」

お二人がコーラスグループの一員としてのご歌唱は、未だ生では鑑賞したことがありません。ぜひ近い内に足を運びたいものです。生のコーラスは最近では、母の属するグループ、そしてたまたまショッピングモールで出会った地元の高校生たちの歌声を聴く機会がありました。やはり生でのコーラス鑑賞は格別です。ましで日本で最高峰のお二人の属するコーラスとなれば、生での鑑賞はどれだけ心を鷲掴みにされることか、想像するだけでも心躍ります。

nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記&退院後日誌135日目~『C社』にお願いしてよかった、不動産売却、2カ月半で完了。 [「言葉」による革命]

末尾ルコ「母の話、健康医療・介護福祉の話題、不動産売買の話題」

2月15日(土)手術後332日目
退院後135日目

かねてからお話していた「不動産売却」ですが、2月13日に引き渡しが終わりました。
その細かな経緯などはいずれまたお話するつもりですが、まずは気にしてくださっていた皆様、有難うございました。
当面「やや」余裕を持って日々の行いに取り組めます。
母の入院にまつわる費用を含め、昨年1年間は経済的にギリギリの状態が続きましたが、そういう状態だからこそ見えてきたものも当然あります。
ふ頭さん取引に関して素人のわたしが売却期間中にできることなど無いに等しかったのですが、不動産売買の多くのサイトに書かれているように、売買が成功するか否かは、

「不動産会社選び」に

ほぼ100%かかっているというのは本当だとつくづく感じました。

とは言え不動産取引など普通の人間が生涯にそうそうやるようなものでもなく、まして「高知の」となるとネットの口コミもごくごく限られた数しか見ることができません。
どうやってよりよい不動産会社を選択するか。
わたしの場合は既にお話したように、まずネットの一括査定を試みました。
査定していただいたのは4社。
しかしそれだけでは判断がつかず、合わせて10社ほどの不動産会社に査定をお願いしました。
そうするとわたしが売ろうとしている物件の相場がだいたい分かるのですね。
査定額が一番高額だった会社に心は動いたけれど、「買取りならばどのくらいで購入していただけるか」という質問に回答してくれた額が、仲介販売の査定額とあまりに差が大きく、(いささか誠実さに欠ける)とその社は候補から外しました。
その他、査定額はさほど変わらなくても対応に疑問のある社は外し、最終的には2社を候補として残しましたが、
結局決めたのは『C社』様という不動産会社さんでした。

『C社』様は一括査定の4社の内の1社だったのですが、まず郵送で非常に充実した査定内容+不動産売買の基礎知識の資料を送ってくださった。
今回、郵送で資料を送ってくださったのは『C社』様だけです。
中には、「簡易査定ができたから、社に出向いてください」なんてところもあったけれど、それはちょっと違うんじゃないかと思った。
『C社』は資料の中に、「強引な勧誘活動は一切しない」「集客には絶対の自信がある」などと記してあって、これらの言葉にも惹かれました。
ちなみに、「強引な勧誘」というのは『C社』様はもちろんのこと、他の会社からもなかったです。
で、迷った挙句『C社』様と専属専任媒介契約を結んだのですが、結局それから2カ月半で物件引き渡しまで完了した。
吃驚しました。
「看板に偽りなし」とはこのことで、常に対応してくださった代表取締役の方は人当たりもよく説明も的確。
メールでのやり取りも迅速、丁寧、そして過不足なくわたしの知りたいことを書いてくださって、本当に有難かったです。

ちなみに売却額は「~百万円」(←具体的数字は出しませんよ 笑)で、不動産取引としては大きなものではありませんけれど、今のわたしにはこの収入、必須だったのです。

nice!(19)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「日本を新たなる映画大国にしよう!」その21。「言葉の戦士」の「ミッション」と修行。 [「言葉」による革命]

※2020年2月21日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「日本を新たなる映画大国にしよう!」その21。「言葉の戦士」の「ミッション」と修行。

〈「言葉」による革命〉は、「日々の会話(言葉)」を最重要視しています。
「書き言葉」ももちろん重要ですが、それよりもまず「日々の会話(言葉)」です。

なので「言葉の戦士」を志す方は、「日々の会話(言葉)」を常に「創造行為」だと認識し、さらにそれは「言葉の戦士」に課せられた「ミッション」であり、それら「ミッション」は同時に「修行」ともなっていると認識します。

「戦士」だの「ミッション」だの「修行」だの、(また中2病みたいなこと書きやがって・・・)なんて思っている人も当然いるわけでしょうし、確かにこうした言葉を軽々に使う人たちには「そうした人たち」も少なからずいるのでしょうが、わたしは違います。
まあその辺の違いは分かっていただける方々には分かっていただいていると思いますが、分かっていただけてない方々には、

(続きは、有料メルマガでお願いします)

●「言葉を語れ
美のように
戦士のように」

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(9)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記&退院後日誌134日目~2月のケアマネさん家庭訪問、要介護度更新認定の時期、『ゴッドファーザー』のお話。 [「言葉」による革命]

末尾ルコ「母の話、健康医療・介護福祉の話題、映画の話題」

2月14日(金)手術後331日目
退院後134日目

2月12日は午後1時半に母がお世話になっているケアマネさんが月に一度の家庭訪問。
今回は約1時間10分、介護の話だけでなく、映画や歴史の話題まで及び、愉しい時間を過ごさせていただいた。
まずもちろん介護のお話から入る・・・というわけでもなく、母やわたしの近況雑談から入るのだが、母の属する退職した女教員の新年会へ参加したことや、ほぼ毎日スターバックスへ行っていることなどを喜んで聴いてくださった。
その際に「退職した女教員グループ」の会報にわたしが写り込んでいる写真をお見せしたり、スタバのバリスタさんたちがわたしたち母子に書いてくれた小さなメッセージ(わたしが以前からの超常連なのでしょっちゅう書いてくれます)をお見せしたり、以前に撮ったフランス人の友人フェノン(仮名)とその娘さんたちとの写真をお見せしたりと、こうしたものをお見せして喜んでいただけるのも、母とわたしの人徳かなと思わなくもないです(笑)。
ま、こんなことを書くと(自分の親や自分の自慢しやがって!)とか(相手は表面上喜ぶ振りしているだけだ、そんなことも分からないのか!)とか愚にもつかないいちゃもんをつけたくなる人いるようですが、昭和のCM風に言えば、「違い」が分からない人間です、そんな愚にもつかないいちゃもんが出てくる人たちって。
もちろん「身内自慢」の中でもどうしようもなく嫌味なものなどもありますが、客観視とパロディ性などを踏まえておれば、「身内自慢」も愉しい話題となり得るのです。

介護のお話ももちろんするのであって、今回の中心は「要介護更新認定」について。
現在「要介護4」の母ですが、更新認定では介護度は「2くらいになるのでは」というのがケアマネさんの意見でした。
既にお話しているようにこの時期は身体障害者手帳再認定もありまして、これは市役所へ少なくとも「申請」と「手帳受け取り」の2回は出向かなきゃならないし、いろいろ面倒は面倒だけれど大切なことですからね。
そう言えば高知の方以外にがほぼ関係ないお話ですが、高知市役所が新築なりまして、母と共に見学がてら足を運ぶ気分で行こうと思ってます。

そしてケアマネさんと恒例の映画の話題なのですが、母とわたしが最近『ゴッドファーザー』と『ゴッドファーザーPart2』を何年かぶりで鑑賞したことはお話しましたが、ケアマネさんも最近観ていて、なぜならば最近WOWOWで放送されたからなのですね、ケアマネさんもWOWOWと契約してるから。
彼女も『ゴッドファーザー』と『ゴッドファーザーPart2』、初見ではないのですが、今回気付いたのは、「アル・パチーノって、こんなに凄い俳優だったのか」ということだったそうです。
重層的な映画って何度観ても発見があるものだし、ひとそれぞれの人生に寄り添っての発見も数多いものなのですね。

nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「日本を新たなる映画大国にしよう!」その20。「想像力」、そして映画ファンと語り合う快楽、映画ファンでない人に語りかけるミッション。 [「言葉」による革命]

※2020年2月18日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「日本を新たなる映画大国にしよう!」その20。「想像力」、そして映画ファンと語り合う快楽、映画ファンでない人に語りかけるミッション。



▲提言

映画好き同士で語り合う快楽については最早言うまでもありません。
話題は次から次へと展開し、時間が経つのも見事に忘れる・・・これぞ人生の中で「快楽」という言葉が正に相応しいことの一つです。
ここから「新たに生まれること」も無数にある。
そうしたお話も今後じっくりしていくとして、もう繰り返し繰り返し主張しますが、

「映画好きは、映画に興味のない人たちに映画の話を仕掛けましょう」。

俯瞰的に言いますと、日本社会のそして日本文化の脆弱さの大きな原因となっているのが、

「コミュニケーション不全」


さらに愚弟的に言えば、

「会話不足」です。

(続きは、有料メルマガでお願いします)



●「言葉を語れ
美のように
戦士のように」

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 「言葉」による革命 ブログトップ