So-net無料ブログ作成

「レッド・ドラゴン」ブレット・ラトナー監督 [末尾ルコ(アルベール)の成長する小さな映画批評]

「レッド・ドラゴン」ブレット・ラトナー監督

どうもエミリー・ワトソンは、わたしにとってきつい女優だ。芝居は上手いのだろうが、あの真ん中によった目はいわゆる「アップに耐えられない」顔だと思う。そのワトソンがレッド・ドラゴン(レイフ・ファインズ)の勃起した股間(画面には映ってない)を見て、「まあ!」と快哉を叫ぶシーンがあまりにバカバカしく、インパクトは絶大だ。

5点
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0