SSブログ

●末尾ルコ かつて語った「アワ・ミュージック」ジャン=リュック・ゴダール監督 [「言葉」による革命]

「アワ・ミュージック」ジャン=リュック・ゴダール監督

 映像の流れ、音楽、カラーの変化、語られている物語、構成、主演女優・・。すべて大好きだ。ただただ美しい。

タグ:アート 映画
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●「母連れ狼」末尾ル コ(アルベール)、うたちゃん(母)の日々~今、これから、観たい、松山ケンイチを、もっともっと。 [「言葉」による革命]


わたしはアートでロックでハードボイルドでポップでジェントルな末尾ルコと名乗り、しかし地元ではふつうアルベールなのですが、「初恋のヒヨコ」でもあります。原則いつも母(うたちゃん)と行動を共にし、車いすを押しておるそのイメージから「母連れ狼」とも名乗ります。
そう、最高の介護を超えるべく。



松山ケンイチのお話しの続きです。
結婚会見もそうですが、大河ドラマ『平清盛』に主演しましたよね。
世の中的には大河主演で(うおーっ!すげえ!!)となるのが一般的ですが、わたしの場合は気に入った俳優が大河出演すると、軽く(時に重く)失望します。
なぜか、という件に関しては今後いろんな形でお話していきますが、いつしか松山ケンイチ、極めて先鋭的なイメージだったのに反し、すごく鈍い存在に感じられてきた。
それでしばらくの間、映画に「松山ケンイチ」の名があると、(ふうっ…)と悪い意味での溜め息が出てしまう状態だったんです。

でもそうしたわたしの認識、間違ってました。
たとえば比較的近作の『BLEU』という映画で松山ケンイチ、「勝てないボクサー」を演じている。
これが何ともいいんです。
深みも味わいも怖さも同居している。
しかも極めて「映画的」演技を見せてくれている。
これは快感でした、鑑賞が。
ちなみに『BLEU』には木村文乃も出ていて、この女優もかなり好きです。
その「好き」な理由の大きな一つが彼女の「ある発言」なんですが、それはまた別の機会にお話ししましょう。

『BLUE』より以前の松山ケンイチ主演作に『聖の青春』という映画があって、村山聖という29歳で夭逝した将棋士を演じているんだけれど、これもなかなか見事な演技だった。
さらに『ホテルローヤル』という映画。
主演は波瑠で、松山ケンイチは「大人のおもちゃの営業」なんですが、これも実に滋味深い存在感なんです。

松山ケンイチ、何もかも観逃したくないです、今は。

・・・

山田姉妹のYouTubeチャンネルです。
 ↓
https://www.youtube.com/channel/UCG5-W9juoM5xsObCU_M3GNg

山田姉妹のツイッターです。
 ↓
https://twitter.com/Karei1224

タグ:アート 映画
nice!(17)  コメント(3) 
共通テーマ:アート