SSブログ

●『僕の大好きな妻!』には収まらない百田夏菜子のポテンシャル。その2 [「言葉」による革命]

映画『すくってごらん』、ぜひご覧ください。

百田夏菜子はももいろクローバーZのリーダーとして、ステージ上でのそのカリスマ性、群を抜くパフォーマンス力は多くの知るところだが、映画女優としての才能も疑いない。
要するに、大きなスクリーンでもアップで映える持ち前のオーラと顔立ち。
そして他の女優には滅多にないそのイノセンスな佇まい。


タグ:映画 アート
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●「母連れ狼」末尾ルコ(アルベール)、うたちゃん(母)の日々~『別離』イングリッド・バーグマンの、その生命力の輝き。 [「言葉」による革命]


わたしはアートでロックでハードボイルドでポップでジェントルな末尾ルコと名乗り、しかし地元ではふつうアルベールなのですが、「初恋のヒヨコ」でもあります。原則いつも母(うたちゃん)と行動を共にし、車いすを押しておるそのイメージから「母連れ狼」とも名乗ります。
そう、最高の介護を超えるべく。




イングリッド・バーグマンのハリウッドデビュー作『別離』。
70分程度の他愛無い不倫ものではありますが。
何よりもの見ものはやはりイングリッド・バーグマン。
その輝くような美貌は生活感にも溢れ、長身で伸びやかな四肢も眩しいほどである。

イングリッド・バーグマンについては、洗練の極みの感覚を持つ淀川長治氏などにとっては「田舎臭い」となるけれど、一般の人たちは日本だけでなく世界どこでも淀川さんほどの厳しい感覚はないのであるから、バーグマンの強烈な美貌に圧倒された。

イングリッド・バーグマンがスーパースターであったのは世界のほとんどの国で同様だったはずだが、特に敗戦直後に『カサブランカ』公開があった日本では、バーグマンは別世界の天女のように見えただろう。
わたしの父も問答無用で(イングリッド・バーグマンこそ史上最強の美女)と信じていた。

しかしバーグマンであれば間違いなく「史上最高の美女」候補であって、そう信じてもあながち間違いではないのだが、けれどこれが米国人であれば他にも選択肢があっただろう。
例えばリリアン・ギッシュであるとかヴィヴィアン・リーであるとかエリザベス・テイラーであるとか。

もっとも単に「史上最高の美女」という話題となると、クレオパトラや楊貴妃らが候補に挙がるわけで、また別の話となる。

それにしても『別離』は他愛無い不倫ストーリーなのだけど、イングリッド・
バーグマンの美貌というだけでなく、そう、その生命力ね。
そうなんだよな、『別離』のバーグマンに感じたのは「生命力」ですよ、「生命力」。



眠狂四郎(市川雷蔵)の名台詞

「それはそれ 恋は恋」




山田姉妹のYouTubeチャンネルです。
 ↓
https://www.youtube.com/channel/UCG5-W9juoM5xsObCU_M3GNg

山田姉妹のツイッターです。
 ↓
https://twitter.com/Karei1224

山田姉妹 彩の国さいたま童謡コンサート2021
https://www.youtube.com/watch?v=REIcxJXtJys

タグ:映画 アート
nice!(15)  コメント(3) 
共通テーマ:アート