SSブログ

●末尾ルコ フラグメント「猫、凄まじい」篇。 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ フラグメント「猫、凄まじい」篇。

「猫、凄まじい」

柳生烈堂と
拝一刀
その決戦は
その決戦は明らかに
時代をぐぐっと下ったあの
「バガボンド」のいかなる決戦よりも
凄まじく
凄まじく
美意識に溢れている

・・・・・・

ぼくの素敵なネコのためになら、
ぼくはどのくらいでも
凄まじく
なれるさ!


nice!(11)  コメント(0) 

極限の愛、日常の愛、その言葉 2020年8月25日 [愛の景色]

思いたいから

信じてはいない、まだ
けれど信じたい

君の目 その瞳

nice!(8) 

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記&退院後日誌323日目~高知で10人以上のコロナクラスターのインパクト、今後の行動もさらに熟考をしましょう。~「演技が上手い30代の女優ランキング」とか、誰が決められるのでしょうか? [「言葉」による革命]

末尾ルコ「母の話、健康医療・介護福祉の話題、映画の話題」

8月19日(木)手術後513目
退院後323日目

8月15日は高知県で「14人」のコロナ感染者が発表されました。
人口の多い地域の方からすれば、(14人?だから?)というところでしょうが、高知県程度の人口だとこのくらいの感染者が一日に発表されるインパクトは絶大です。
それだけに沖縄の現状は想像に余りあるのですが。

15日の高知の感染者14人の内訳は、「障害者支援施設でのクラスター12人」と「愛知県から里帰りした母子2人」でした。

この障害者支援施設ですが、感染対策は「徹底していた」とのこと。
帰省の母子は友人宅へ泊まった後、法事へ参加したのだといいます。
このような行動についてはそれぞれの人たちの事情があるので軽々にどうこう言うべきではありませんが、そもそも「感染者の人権を守ろう」と訴えるメディアが個人の行動をここまで報道するのはどうかという問題も難しいですね。
とにかく高知でもこれだけの感染者が出始めた以上、ほとんどの時間母と行動をともにしているわたしは今後また多くの局面に難しい決断を迫られることになります。
例えば母のお世話になっているデイケアへの出席も、県内の状況によっては休む場合もd手てくるかもしれません。
当然ながらできれば休みたくないんです。
しかし既にお話しているように、スタッフの方々はとてもいい人たちがいるのだけれど、施設のスペースが、利用者が普通に来る場合は「密」を避けられません。
でもこのデイケアは病院に付属しているので、間違いなく運営はしっかりしている方です。
高知市内を、しかもわたしの家から近い場所をちょっと車で流していても、「デイサービス」という看板を出した、非常に手狭な施設、時にほとんど掘っ立て小屋のような建物も目にします。
(大丈夫かな・・・)と、いつも思いながら見ています。

・・・

まあネット記事にいちいち目くじら立ててもキリがないという状況ではありますが、文化芸術を愛し、文化芸術に救われて来た人間として、(仕方ないな)と無視してばかりはおれません。
そしてもちろん、無視してばかりいるべきではない。
例えば次のようなサイトがあります。

・・・

演技が上手い30代の女優ランキング…長澤まさみ、綾瀬はるか、安藤サクラらランクイン
https://article.yahoo.co.jp/detail/07e34e1d07fb507a1e4e75bb3ac3ea8e6278b810

・・・

演技が上手い・・・う~ん。
こういうのを一般の人たちにアトランダムに尋ねてランキングにしてどうなるというのか。
同期によると調査方法は、「10-50代の男女(性別回答しないを含む)9381人を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。」。

まあこうしたアンケート自体、(本当に行っているのだろうか)と疑ってかかるべきなのですが、本当にアンケートが実施されたとしても、本当は「誰の演技が上手い、誰の演技はそうでもない」なんてことは、ある程度以上の鑑賞経験がないと言えないはずなんですね。

nice!(22)  コメント(5)