SSブログ

●「母連れ狼」末尾ルコ(アルベール)、うたちゃん(母)との日々~駐車場に吸殻散乱~愛する映画『離愁』とはどんな映画。 [「言葉」による革命]


わたしはアートでロックでハードボイルドでポップでジェントルな末尾ルコと名乗り、しかし地元ではふつうアルベールなのですが、「初恋のヒヨコ」でもあります。原則いつも母(うたちゃん)と行動を共にし、車いすを押しておるそのイメージから「母連れ狼」とも名乗ります。
そう、最高の介護を超えるべく。

・・・

///
  
★映画は最高の「会話」の題材となる。
そして人間、「会話ある人生」と「会話無い人生」とはまったく違う。
 
このテーマ、わたしの宿願と言っていいですが、深め、広げ、各方面にアピールしていきます。

///

6月終盤のこと、スターバックス某店舗の駐車場に車を停め、降りるとアスファルトの地面に煙草の吸殻が散乱。
今更再びエンジンをかけて移動するのも時間を取るので仕方なしに車椅子を出したが、うたちゃん(母)の車椅子(レンタルだけど)のタイヤで不埒な人間の吸殻を踏まざるを得なくなったじゃねえか!

いつも書いてるが、わたしは喫煙する人たちに対しての拒否反応はまったくない。
健康への影響については気にしなければならないが、「タバコを吸う」ことは人間の文化の一つだと認識している。
問題はマナーを守らない一部喫煙者が存在すること。
多目的トイレへ入ると、煙草の臭いプンプンとか(「報知機が反応する」とざれたトイレが主流のはずだが)、そういうことがあると怒りが込み上げてくるわけだ。

・・・

愛する映画に関しては、いくらでも語らねば。
映画だけでなく、「愛する対象」すべてについて、あらゆる方法で語らねば。
あなたが折に触れ語る映画をどんどん増やし、本当に折に触れ、語るようにしましょう。

もちろんわたしは率先して語ります。
いっぱい語るべき映画、語るべき「愛する対象」があるからです。

映画『離愁』。
絶品の映画です。
しかし作品の総合評価として「絶品」という意見はまずない。
批評とは何だろう。
批評は必要なのだけど。

『離愁』のフランス語原題は『LE TRAIN』。
「汽車」。
もちろん「レ・トレイン」とは読まず、概ね「ル・トラン」と読む。
「汽車」の中に乗っているのは、誰だろう。

nice!(21)  コメント(2)