So-net無料ブログ作成

●山田姉妹へのメッセージ「聖地」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「聖地」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を磨くレッスン」

(8月25日、山田姉妹は兵庫県でコンサートでした)

地元の逗子市に次いで、兵庫県はお二人にとっての聖地となりつつありますね。地元の方々、本当に羨ましい。わたしもこのところ「歌そのもの」の魅惑、不思議さに対しての関心がどんどん深まっております。もちろんそのきっかけはお二人の存在を知った瞬間です。また素晴らしい時間となったに違いありません!RUKO

聖地でのコンサート・・・やはり素敵な時間となったようですね。お二人の「聖地」・・・もっともっと増えるに違いありません。時折母の話をさせていただいて恐縮なのですが、今のところ9月末くらいの退院を目指しております。病室で、お二人のアルバムからの曲、いっぱい歌っておりますよ。RUKO

・・・


●「言葉を語れ
美のように
戦士のように」





・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●我が母、心臓バイパス手術後、大転子部不全骨折後闘病記164日目~「退院後」の介護サービスの種類、レンタルが役立ちそう。~切実に入って来る映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』。 [「言葉」による革命]

8月30日(金)手術後164日目
転院128日目 

母の退院後・・・と言っても、順調に行って1カ月くらい先になるし、今まで何度も(順調だな)と思っていてトラブルに見舞われたいるので「すんなり退院」と楽観的な気分にはならないが、明確な目標として定まったのは間違いない。
そして首尾よく退院しても、もちろん「すんなりと日常生活」とはいかないことも分かっている。
少なからぬご高齢の入院患者さんたちが、「入院→退院→(いろいろな理由で)すぐ入院」という状態になってしまうこともよく分かっている。
何にせよ毎日細心の注意を払っていかねばならない。

ところでこの前ソーシャルワーカーの女性からいただいた資料に介護サービスの一覧があったが、それは次のような内容である。
・・・
介護サービス

通所介護(デイサービス)
通所リハビリテーション
地域密着型通所介護

訪問介護
訪問入浴介護

認知症対応型通所介護
認知症対応型共同生活介護

訪問介護
訪問リハビリテーション
居宅療養管理指導

短期入所生活介護
短期入所療養介護

定期巡回・臨時対応型訪問介護看護

特定施設入居者生活介護
地域密着型特定施設入居者介護

小規模多機能型居宅介護
看護小規模多機能型居宅介護

介護老人福祉施設
介護老人保健施設
介護療養型医療施設、介護医療院
地域密着型介護老人福祉施設

福祉用具貸与
特定福祉用具購入
住宅改修

・・・

ちょっとまだ内容が分からないものもあるのだが、これらの中で今のところお世話になろうと考えているのは、「通所介護(デイサービス)」「通所リハビリテーション」、「福祉用具貸与」、可能性としては「特定福祉用具購入」「住宅改修」もあるけれど、レンタルできるものはレンタルした方がいいといろいろな解説にも記されてある。
コスト面だけでなく将来的に故障や不具合が生ずる可能性も考えると確かにレンタルは便利だ。
もちろん購入の必要があるものは購入しなければならない。
自宅改修は、あるとすれば「手摺り」設置だと思うが、「母を一人にしない」という方針なので大規模な改修は必要ないと思う。

・・・

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』は(きっといいだろう)と予想してその通りだった映画なのです。
例えば『僕の名前で君を呼んで』という映画はとてもクオリティが高く素晴らしい出来だということは客観的に分かるのだけれど、ホモセクシュアルの少年と大人の男の恋物語という展開がもう一つ自分の中に切実に入って来ない。
もちろんLGBTの方々に対する偏見を持っているわけじゃなくて、設定によって自分の中にぐいぐい入って来る作品と、必ずしもそうでない作品があるということです。
「わたしの場合は」ということですが。


nice!(25)  コメント(3) 
共通テーマ:アート