So-net無料ブログ作成

ネオアンガージュマン 地方問題 「意識」の違い   [ネオアンガージュマン]

地方在住者。
と言ってもそのような名を冠せられる同じ属性を持ったグループがあるわけではない。

「地方に住んでいる」という状態は同じでも、その中身はまったく違うものだ。
それはある年齢以上の人たちを「高齢者」という言葉で一括りにする危険性と同じことだと思う。
あるいは「都会人」などという同じ属性を持ったグループなどないように。

などと書くと難しい話のように感じるかもしれないが、要するに「人間一人一人違う」というわけです。(笑)

で、ある地域にある「社会問題」に関しても、Aという人とBという人では受け取り方が違うわけだ。

例えばある地域に「高度な高齢化」という問題があるとする。
問題は厳然としてあるのだけれど、当然のことながら人によって受け取り方が違うのだ。
Aは「高度な高齢化」を深刻な問題として受け止めている。
Bは「高度な高齢化」を知っておりながら、何も感じていない。
Cは「高度な高齢化」という「事実」に関して知りもしない。

なぜこんなことを書くかというと、多くの人と話していて、「ああ日本はBとCのタイプが多いな」と痛感するからだ。

まずこうした状況を変えていかねばならない。

nice!(60)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「なでしこジャパン」報道 安藤優子の不躾な質問   [生と死のためのアート]

わたし、「なでしこジャパン」自体は素晴らしいと思ってます。
マイナースポーツでしかなかった「女子サッカー」の世界で地道に努力を重ねてここまでの結果を残した。
凄いことです。
問題にしているのは「報道」、特にテレビの報道姿勢です。

まあいろいろありますよ。
で、ちょっとサッカー報道から離れるんだけど、「なでしこジャパン」が凱旋帰国した日のフジテレビ「スーパーニュース」でこんな場面がありました。

スタジオには「なでしこジャパン」のメンバーと佐々木監督。
そして安藤優子、木村太郎、大島由香里らキャスター。
で、安藤優子はいつも通りというか、このような「快挙」が生じたときはとりわけ鼻息が荒い。
うん、ちょっと鼻息が荒すぎるね。
でも安藤優子が嫌いなわけじゃないですよ、別に。
これだけのモチベーションを常に保った女性キャスターは滅多にいないと思う。

ところがこの日、安藤優子が用意していたのか番組が用意していたのか知らないが、選手に次のような質問をするわけです。

「佐々木監督を男性として魅力的だと思いますか?」(「男として見ることはできますか?」)

選手全員「×」のボードを上げました。

ちょっとひどいよね、この展開。


nice!(42)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

愛をどこまでも掘り下げ、どこまでも高い場所へと導く。その言葉 2011年7月22日  [愛の景色]

「同じことだ」
心がそう納得した。
「同じことだ」
この言葉に関しては、今のところぼくしか意味が分からない。

ただ、黒い服を羽織った君が誰よりも愛しく見えた、台風の過ぎ去った午後。

タグ:アート 言葉
nice!(52)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

吉高由里子「flumpoolの一人と結婚説」に関して。どんな人なら結婚してほしくないか?(笑)  [吉高由里子]

なんかあれですよ、女優とか歌手とかが結婚したから「もうファンを止めます」なんていう人がまだまだ多いわけですが、ちょっと幼稚すぎるというか。
わたしたちは「女優」あるいは「歌手」などという「作品」を楽しむべきであって、プライバシーはまったく別の話。
とは言え鑑賞者も人間なので、「プライバシーはまったく別」というわけにはいかないというのも分からないではないけれど。
でも限度があります。
「俳優」や「歌手」はファンの「恋人」でも「配偶者」でもないわけだから。

ただ、応援している「俳優」や「歌手」が「こんな人と結婚ないし付き合いをしてほしくない」というのはある。

例えばわたしが応援している女優が品性の低そうな「IT社長(笑)」「政治家」などと結婚したら嬉しいとは感じないだろう。
あ、「IT社長(笑)」や「政治家」などが全員低い品性だと言ってるわけじゃないですよ。(それとも全員?笑)



nice!(29)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「イケメンパラダイス2」第2話低視聴率  堀北真希と前田敦子 [生と死のためのアート]

いくつかドラマ第2話の視聴率が出ているが、特に注目(笑)されているのが前田敦子主演の「イケメンパラダイス2」。
なんと第2話視聴率が6.0%だったという。
別に視聴率でどうこう言うつもりはない。
高視聴率ドラマが優れた内容とはまったく限らないからだ。
さらにわたし自身「イケメンパラダイス2」を観たことないし、これからも観るつもりはないので内容について語る資格がないことも分かっている。
しかしテレビのCM中に流される宣伝スポットはどうしても目にする機会があるというものだ。
で、「イケメンパラダイス2」のスポットを一度観たら違和感を覚える方も多かろうと思う。
別にわたしは「イケメンパラダイス」のオリジナルが好きだったわけではない。
ドラマとしてはもう全然ダメだったので、一度で観るのを止めた。
しかし堀北真希のファンではある。
で、比べても意味がないと分かっていても自然に比較してしまうではないか。
堀北真希と前田敦子では全然違う・・。
これはもうどうしようもなく、あらゆる意味で。

nice!(40)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

● 末尾ルコの「明確化する社会改革コンセプト」に言及した宣伝文  [末尾ルコ(アルベール)より]

末尾ルコ(アルベール)

● 言葉の創作
● 社会・精神改革

言葉 芸術 アート 人生 教育 醜悪 美 生 死 聖 会話 社会 バレエ 映画
神話 歴史 文学 武士道 ・・・


メルマガ 末尾ルコのサロン「人生を強く美しく愛とともに狂おしく生きるレッスン」

対応機器→PC・携帯向け
表示形式→テキスト形式
発行周期→毎週 月・火・金・土曜日
登録料金→1,050円/月(税込)

♦ 「社会改革」のコンセプト

「社会改革」。
わたしの考える「社会改革」ですが、最近自分の中でコンセプトがより明確になりつつあります。
メルマガ、ブログなどでも少しずつ書いていきますし、もちろん実際の行動として反映させて行きます。
皆様もぜひいろいろ考えてみてください。
「社会改革」は、「誰か」がやるのではなくて、「わたしたち」がやるのです。


(^_-)-☆ メルマガ宣伝

発行周期→毎週 月・火・金・土曜日で、登録料金→1,050円/月(税込)ということは、つまり「1配信当たり約58円!」ということになります。
登録したり、登録解除したり、また登録したり・・、もちろんずっと登録したままでいたり、フレキシブルにできますよ!


末尾ルコ(アルベール)の美醜悪学ブログ
http://beaute3yoshitaka.blog.so-net.ne.jp/ 
350万アクセス突破(since2008年10月)

連絡先
sueoruko♫mail.goo.ne.jp

♫を@に変えてご使用ください。

nice!(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート