So-net無料ブログ作成

ネオアンガージュマン  「諦める」必要と不必要   [ネオアンガージュマン]

「こうであればいい」と思うなら、試みること。 「愛 と 勇気 と行動」 

「こうであればいい」という社会。
「こうであればいい」という自分。
そのようなものはありませんか。

あればそれを目標にすべきです。とんでもない妄想的目標でない限り。

「諦める必要はない」

と、書きました。

でももちろん「諦めるべきもの」もある。
と言うか、とんでもない妄想的目標かどうかを見極めるだけの理性というものは身につけないと。

ではどのようなものが「とんでもない妄想的目標」かというと、例えばわたしが「今からメジャーリーグを目指すぞ!」なんていうのはダメですよ、どう考えても。
あるいはわたしが「これからアメリカ合衆国大統領になるぞ!」なんて言い出したら、もうダメです、はい。(笑)

けれど「諦める必要」がないのに諦めていることって多くあると思うんです、
ありますよ、うんうん。(笑)

女優 ジュリー・デルピーの失楽園  [生と死のためのアート]

一番好きな女優がジュリー・デルピーだったことがある。その頃ジュリー・デルピーは他に類のない美しさで、あたかも映画に最も愛される女優の一人に見えた。豊かで上品な金色の髪と蒼白の顔。何を見ているのか何を考えているのかまるで想像がつかない無表情が勝った相貌。非日常そのものの存在は、光と蔭の中間地点から生まれ出た異邦人を想わせた。
しかし、それはフランス映画の中でのことだ。
アメリカを主要な活躍の場に選び、ジュリー・デルピーは神通力を失った。
確かに「キリング・ゾーイ」や「恋人までの距離」を愛するファンもいるだろう。
けれど非日常が無理に日常の中に溶け込もうとし、デルピーは結局非日常の光輝を失った。

フランス映画時代。
「天使の接吻」「汚れた血」「パッション・ベアトリス」「白の愛」「ゴダールの映画史」…。
呆れるほど美しいジュリー・デルピーは今でもわたしたちの前に姿を現すのだけれど。

愛をどこまでも掘り下げ、どこまでも高い場所へと導く。その言葉 2011年7月28日 [愛の景色]

ぼくが君の全てを知っているなんて図々しいことは言わない。
でも心というのは見えて来るもんじゃないか、いつも会っていれば。

君は確かに強い心を持っている。
それは君のあらゆる面を輝かせている。


タグ:アート 言葉
nice!(53)  トラックバック(0) 

わたし、「全開ガール」からリタイヤします(笑)。平山浩行がちょっと・・。 [生と死のためのアート]

まあ「テレビドラマ」、特にフジテレビ月曜9時の例のやつのストーリーなどについてどうこう言っても始まらないのだけれど、初回はまずますだと思った「全開ガール」、平山浩行と蓮佛美沙子のあまりに典型的な「主役の二人の恋のライバル」ぶりを見ているのが耐え難くなった。というわけで、リタイヤします(笑)。
平山浩行は最近よくテレビドラマで見かけるし、映画「パラダイス・キス」にも出演していたけれど、今のところ薄っぺらさしか感じない。女性には彼を魅力的に感じる向きもあるかもしれないが、男から見れば、と言うかわたしの基準ではあるけれど、今のところ退屈極まりない存在だ。異性から魅力的と思われるだけでも貴重だろうが、同性からも「カッコいい」と思われる人間ですな、もちろんより貴重なのは。

愛 勇気 行動

♪宣伝(^_-)-☆
わたしたちの手で日本の社会を変えて行きましょう。
まずは末尾ルコのブログ、メルマガにご注目ください。

ネオアンガージュマン 地方問題 河野俊嗣宮崎県知事に注目 [ネオアンガージュマン]

「愛 と 勇気 と行動」

現在の宮崎県知事である河野俊嗣。
東京大学法学部卒後、自治省(現総務省)でキャリアを積んでいる。
出身は広島県呉市。1946年生まれだ。
東国原前知事の時に副知事を務めており、2011年1月21日から知事に就任。

と、普通に紹介しているけれど、つまり多くの人たちがあらゆることに「興味を持ち」、「私って」ほしいのだ。
河野知事がどれだけの実績を残すかはまだ分からない。
けれどあの「東国原狂奏曲」の後だけに、より興味が大きい。

東国原前知事に対する驚くべき高支持率は、「それ以前の宮崎」がいかに閉塞感に満たされていたかの証明でもある。
そして私見ではあるけれど、あれだけの「狂想曲」が巻き起こるというのは「不幸」だと思うのだ。
これは宮崎県だけの話ではない。
多くの地方は声にならない閉塞感に包まれている。

● 末尾ルコの 「こうでありたいという目標」に言及した宣伝文  [末尾ルコ(アルベール)より]

末尾ルコ(アルベール)

● 言葉の創作      ● アクティヴィスト
● 社会・精神改革    

言葉 芸術 アート 人生 教育 醜悪 美 生 死 聖 会話 社会 バレエ 映画
神話 歴史 文学 武士道 ・・・


メルマガ 末尾ルコのサロン「人生を強く美しく愛とともに狂おしく生きるレッスン」

対応機器→PC・携帯向け
表示形式→テキスト形式
発行周期→毎週 月・火・金・土曜日
登録料金→1,050円/月(税込)

♦ 「こうであればいい」と思うなら、試みること。 「愛 と 勇気 と行動」 ♦

「こうであればいい」という社会。
「こうであればいい」という自分。
そのようなものはありませんか。

あればそれを目標にすべきです。とんでもない妄想的目標でない限り。

「諦める必要はない」

「愛 と 勇気 と行動」

(^_-)-☆ メルマガ宣伝

発行周期→毎週 月・火・金・土曜日で、登録料金→1,050円/月(税込)ということは、つまり「1配信当たり約58円!」ということになります。
登録したり、登録解除したり、また登録したり・・、もちろんずっと登録したままでいたり、フレキシブルにできますよ!


末尾ルコ(アルベール)の美醜悪学ブログ
http://beaute3yoshitaka.blog.so-net.ne.jp/ 
350万アクセス突破(since2008年10月)

連絡先
sueoruko♫mail.goo.ne.jp

♫を@に変えてご使用ください。


nice!(28)  トラックバック(0)